音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
竹内アンナ「どんな自分も自分なんだ」楽曲『I My Me Myself』に込めた想い

竹内アンナ「どんな自分も自分なんだ」楽曲『I My Me Myself』に込めた想い

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。3月2日(月)のオンエアでは、竹内アンナの『I My Me Myself』をピックアップ!


■アルバムタイトル『MATOUSIC』に込められた想い

アメリカ・ロサンゼルス生まれ、京都在住の大学生シンガーソングライター・竹内アンナ。まずは、3月18日(水)にリリースされる1st Album『MATOUSIC』について伺った。

竹内:このアルバム『MATOUSIC』は、録り始めてから1年近くかけて作りました。ほんとにたくさんの自分の色んな思いが詰まっています。『MATOUSIC』という言葉は私が作った造語で、“自分の音楽がどういう存在でありたいか”と考えたときに、服を着たり、靴を履いたり、そういう生活の延長線上に自然と私の音楽が入ってくれたらうれしいなと思いました。そんな身にまとうような音楽になってほしいという想いを込めて、「まとうミュージック」で『MATOUSIC』と付けました。身にまといたくなる、気分が上がる、そんな素敵な曲がたくさん入っています。


■どんな自分でも認めてあげることが自分らしさにつながる

今回SONAR TRAXとなっている『I My Me Myself』は、アルバム『MATOUSIC』の収録曲。どんな楽曲に仕上がったのだろうか。

竹内:2018年にデビューしてから色々なインタビューを受ける中で、「趣味は何ですか? 」とよく聞かれるんですが、本当に趣味がなくて……あはは。もちろん音楽は仕事としても趣味としても好きだけど、自分から音楽を取ったら何も残らないということに気付いたとき、すごくショックで落ち込んで。でも、そんな自分も認めてあげることで、すごく楽になってポジティブに考えられるようになって、それが自分らしさにつながるのかなと思いました。タイトル『I My Me Myself』は、どれも自分を表す単語になっていて、どんな自分も自分なんだという想いを込めて書いた1曲になります。



さらにこの日、番組では1st Album『MATOUSIC』から、新曲『RIDE ON WEEKEND』を初OAした。こちらも併せてチェックしてみてほしい!

【radikoで聴く】竹内アンナ『RIDE ON WEEKEND』

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン