音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
EDM業界をリードするMADEONの来日インタビュー! 最新作『Good Faith』制作に4年かかったワケ

EDM業界をリードするMADEONの来日インタビュー! 最新作『Good Faith』制作に4年かかったワケ

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。2月18日(火)のオンエアでは、1月に来日公演を行ったフランス出身のDJ/プロデューサー、MADEONのインタビューの模様をお届けした。


■イメチェンして帰ってきたMADEON

サッシャとMADEONは、ライブ前日に3年ぶりの再会を果たしたという。サッシャいわく、かつては少年のようなイメージがあったというMADEONだったが、髭を生やして髪の毛を伸ばし、大人っぽい雰囲気になったと明かす。

サッシャ:イメージが変わりましたね。
MADEON:デビューしたときはまだ子どもだったので、早く大人になりたいと。ようやく髭も生えました。
サッシャ:日本には何年振りですか?
MADEON:3年ぶりです。
サッシャ:今回は日本に来てどこかに行きましたか?
MADEON:昨日の夜に来たばかりなんです。本当はもっと長くいる予定だったんですが、飛行機がキャンセルになってしまいました。とりあえず渋谷に泊まって、いくつか行きたいお店やレストランに行ったのですが、まだまだやりたいことがいっぱいあります。もう1回ライブをブッキングして(日本に)戻ってくる理由を作らないと。
サッシャ:行った場所を教えてください。
MADEON:渋谷にある立ち食いの寿司屋に行きました。あとは「Nintendo TOKYO」にも。1時間しか滞在できませんでしたが。



■自分自身を表現した2ndアルバム

MADEONは2019年11月、4年ぶりとなる2ndアルバム『Good Faith』をリリースした。4年という年月を経て、MADEONの心境に変化があったという。

MADEON:前作ではプロデューサーという感じでしたが、今回は「もっと自分自身の」ということで、自分で作詞もして自分で歌うということを選びました。ダンスミュージックという意味では4年の間にもっと自由になったというか、流体的になりました。今まで固まっていたものが、少し解き放たれて自由になったんです。「ダンスミュージックは踊らなければいけない」ではなくて、たとえばもっとゆっくりしたものや、いろいろなものが作れるようになり、自分自身を表したアルバムを作ることができました。
サッシャ:自由ということは、なにをやるのかが自由すぎて、そこから選んでいくというのは難しい気もします。
MADEON:このアルバムの制作に4年かかっているんです。2015年末にニューヨークのスタジオをブッキングして、大体どういう風にしたいかというビジョンも見えていて、アルバムのタイトルも決まっていたんです。だけど、その間にミュージシャンとしても人としても成長をして「自分がやりたいビジョンをどう形づけるか?」というのに時間がかかりました。
サッシャ:なぜ『Good Faith』というタイトルなんでしょうか。
MADEON:もともと『Good Faith』というのは好きな言葉なんです。『Good Faith』という言葉が人間性を表しています。Faithは人を信じるという意味ですが、GoodもFaithも、それぞれはすごく強い単語なんですが、合わせると少しカジュアルになります。それまでは僕も「それって『Good Faith』だよね」みたいな感じで使っていたんですが、今は『Good Faith』はアルバムのタイトルになって、自分の想いみたいなものをここに詰めることができました。
サッシャ:ボーカルはどうでしたか?
MADEON:『SHELTER』をPorter Robinsonとやったときに、自分で詞も書いて歌ったんです。それがすごくよくて、今回のアルバムを作るときにもっとパーソナルなものにしたかったので、そうするためには「歌う」ということが大切な要素だと思いました。その結果、自分の内面性を表すいいアルバムにできたんじゃないでしょうか。
サッシャ:アルバムに影響した音楽などはありますか?
MADEON:昔からもちろん、Daft PunkやThe Beatlesの影響というのは受けていて、その部分も入っています。今回に関しては、今まででいちばん音楽を聴いて作ったアルバムです。Tyler, The Creatorもすごく聴いたし、あとは日本人のピアニスト・福居 良さんのアルバム『Scenery』を聴きました。パフォーマンスの出口としては違うんですが、実際にどういう情熱をかけているかとか、間の取り方、音の感じといったものに、すごくインスピレーションを受けています。もっとも聴いたアルバムかもしれません。




■CoachellaはMADEONのキャリアのランドマーク

MADEONは4月に開催される「Coachella Valley Music and Arts Festival」に出演することが決定している。世界的に注目されるフェスに出演する心境を伺うと……。

MADEON:「Coachella」は、いつでも自分のキャリアのランドマーク、分岐点になっていたんです。最初は2012年にDJとして参加しました。そのあとは、ファーストアルバムを出した2015年に、2017年にはPorter Robinsonと一緒に出演しました。今回はソロとして、このアルバムを引っ提げて出演します。今回の「Coachella」に関しては、ライブショーをやろうと思っています。自分の周りにシンセサイザーを置いて、さらに『Good Faith』を表すため、ビジュアルにもすごく力を入れています。自分にとっては「Coachella」のステージに立つというのはとても光栄なことで、大切にしています。

さらにMADEONは今後の来日公演についても意欲を見せ、最後には日本語を織り交ぜながら、ファンにメッセージを送った。

サッシャ:今回来日公演をしましたが、今度は大きなステージやツアー、フェスで観たいです。
MADEON:まだ決まっているわけではないですが、もちろん日本でツアーやフェスをやるのを楽しみにしています。
サッシャ:日本のファンへメッセージをお願いします。
MADEON:こんにちはMADEONです。みんな大好き! 『Good Faith』を聴いてください。もし聴いていたのなら、ありがとう!



J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年2月25日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。