音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
吉岡里帆が訊く、音楽家・haruka nakamuraのシンプルな暮らし

吉岡里帆が訊く、音楽家・haruka nakamuraのシンプルな暮らし

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。2月2日(日)のオンエアでは、音楽家・haruka nakamuraがゲストに登場。プライベートやライフスタイルについてトークを展開した。


■青森の夕暮れに合うメロディーは…音楽が生まれるきっかけ

nakamuraは、CM、WEB、TV番組の音楽など数多くの楽曲を制作する音楽家。他アーティストとの関わりも深く、プロデュース業やリミックスなど、幅広く活動を重ねている。吉岡はYouTubeを閲覧している際に偶然、nakamuraの曲を知って好きになったという。

nakamuraは、どのような幼少期を過ごしてきたのか。

吉岡:ご出身は青森県なんですね。子どもの頃はどんな少年でしたか?
nakamura:僕の故郷は、すごく田舎で。海と山しかありませんでした。冬は授業が全部スキーになるから、スキーで学校に行っていたりしました。両親は共働きだったので、ほとんど1人で過ごしていて。冬は雪が積もった野原で寝転んだり、雪だるまを作ったり、自然と近い暮らしをしていました。
吉岡:harukaさんの作る音楽は、青森県の景色が原点だと伺いました。当時、どんなふうに見えていたのでしょうか。
nakamura:その頃から、ひとりで過ごす時間が、自分の根本を作っていて。母親がピアノ講師を勤めていたっていうのもあるんですけど、音楽と自然と風景が、自分の生活のほとんどを占めていたように思います。音楽を作り出したのも、青森の夕暮れを見て「この景色に合うメロディーはどんなものだろう」と、思ったのがきっかけです。小さい頃の話なんですけど、そこから即興音楽を演奏するようになりました。

ピアノを習っていたが、母に「これをやりなさい」と言われると、どうにもやる気がなくなってしまう。そこでnakamuraは、アレンジをして弾き始めたのだとか。

16歳にして、ひとりで上京することを選ぶ。地元の高校に進学したが、「音楽をやっていくなら、出たほうがいいんじゃないか」と感じ、夏休みには辞めて東京に出たのだという。上京する日は深夜バスの乗り場に、多くの友人が見送りに来てくれた。

吉岡:アクティブさにびっくりしました。
nakamura:もう勢いで行くしかなくて。出ていくとき、中学時代の友人もみんな見送りに来てくれて。
吉岡:泣けますね。いいなあ……。
nakamura:「もう帰ってくるなよ~!」みたいな感じで(背中を押してくれて)。「もう帰れないんだ、行くしかない」って(笑)。 吉岡:あはは(笑)。意を決して上京されたんですね。


■Nujabesとの出会い、そして別れ

東京に出たnakamuraは数多くのデモのアルバムを作ったが、なかなか発表する機会がなかった。ひとりで音を重ねて作っていたため、ライブで披露しようという発想にならず、作っては聴いて考えて……という日々だったという。現在の活躍につながる第一歩は、音楽SNS「Myspace」に楽曲をアップロードしたことだった。

nakamura:みんなが「Myspace」に音源をアップするようになったので、自分も一度は人に聴いてもらいたいなと思って。
吉岡:どんな反響がありましたか?
nakamura:レーベルの人や、のちに一緒に音楽を作ったNujabesさんからメッセージがきたことが大きかったですね。「最高のギターを弾いてください」と送られてきたんです。そこから会って音楽をするようになりました。

nakamuraにとってNujabesは、最も尊敬するアーティスト。「音楽をやっていていちばん嬉しかったですね」と振り返った。

吉岡:運命的な出会いですよね。音楽家として活動されて、時が経って……Nujabesさんとの別れなど、いろんなことがあったかと思いますが、音楽との向き合い方は変わりましたか。

nakamura:いちばん大きいのは、Nujabesさんが亡くなったあと、自然とピアノに戻っていったことですね。今はギターをほとんど弾いていないんです。きっかけをくれたのがNujabesさんで、ピアノを弾いたほうがいい、と言われていて。それで今はピアノ中心の音楽になりました。また、彼がいなくなったことによって、自分はどこへ行こうかと考えて、旅をするようになりました。それが大きな変化ですね。


■シンプルかつ洗練された部屋

1年のほとんどを旅するnakamuraに、暮らしについて聞いた。家をあけることが多いため、部屋はいつも生活感がないそうだ。

nakamura:キッチンには冷蔵庫もガスコンロもなくて。自宅にいないから、料理をしないんです。
吉岡:そうなんですね。
nakamura:コーヒーを淹れるだけ。簡潔です。生活をシンプルにしたくって。
吉岡:すごい! 料理をしたくなったりしませんか?
nakamura:カフェで働いていたときはキッチンを担当していたので、料理はもともと好きだったんですね。だけど今の生活だと、食材を買って保管することができなくて。1ヶ月の間で3週間は家にいないってことはけっこうあるので。
吉岡:そんなに。ミュージシャンでもあり旅人でもありますね。
nakamura:どっちかっていうと、旅人が先かもしれないですね(笑)。
吉岡:(笑)。
nakamura:家に帰ったら、ピアノを弾いて寝るというシンプルな暮らしです。
吉岡:カッコいい!
nakamura:ただ、それだとあまりにも殺風景なんですよね。ですので、旅で出会った作家さんが作った、キャンドルとか照明を飾っています。

ここで、nakamuraの自宅の写真を見せてもらうことに。

吉岡:わっ、オシャレな部屋! インテリアがめちゃくちゃかわいいですね。素敵な部屋で、私のなかの“haruka nakamura像”そのものです。
nakamura:(笑)。
吉岡:家のなかに十字架があって、ドライフラワーや乾いた植物が飾ってあって、ピアノは木製かなって思っていたんです。
nakamura:当てられています。
吉岡:うれしい。すごく素敵なお部屋ですね。

nakamuraは1stピアノソロアルバム『スティルライフ』のリリースを春に控えている。制作の過程で生まれた楽曲『新しい朝』を、スタジオで披露。まだアレンジを考案中で、この日は即興的に演奏された。タイトル通り「新しい一日を始めよう」という気持ちで作っているそうだ。

演奏を聴いた吉岡は「本当にきれい。nakamuraさんの楽曲を聴くと、泣きそうになるというか、こみあげてくるものがあります」「晴れやかな気持ちになるというか、気持ちのいい朝を感じました」とコメントした。アルバムやnakamuraの活動詳細は公式サイトにて。

『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える。オンエアは毎週日曜18時から。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:毎週日曜 18時-19時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。