音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
冬は「豚肉」「黒いもの」を食べよう! そのワケを“ゆるゆる漢方家”が語る

画像素材:PIXTA

冬は「豚肉」「黒いもの」を食べよう! そのワケを“ゆるゆる漢方家”が語る

体を温めるのにエネルギーを使う冬は、季節の中でも体への負担が大きくなる時期だという。生活に取り入れやすい漢方情報を発信しているゆるゆる漢方家・櫻井大典に冬場を元気に過ごすためのポイントを伺った。

【1月14日(火)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】


■冬は「腎」のダメージが大きい季節

寒さで体がちぢこまり、血流が悪くなる冬。冷えや血流不足で体へのダメージが心配される季節だという。

櫻井:冬は、体の水分バランスの調整や体を温める働きをする「腎(じん)」がダメージを受けやすい季節なんですね。この「腎」は体のストーブであり、ダムである場所ともいえるでしょう。また「腎」は生命力のタンクとも呼ばれ、ここが弱ると冷えとかほてり、のぼせ以外にも気力がわきにくい、足腰が弱る、生殖能力や記憶力の低下などが起こる「腎虚(じんきょ)」という状態が現れてしまいます。

■腎を元気にする「補腎」食材

中国では「腎」を補うと書いて「補腎(ほじん)」。冬の食養生の基本とされる補腎対策の食材を聞いた。

櫻井:たとえば、豚肉は「補腎」の食材ですね。豚肉にはうるおいとか栄養を運ぶ血、エネルギーである気を補う作用があります。ほかには黒いもの。この時期はヒジキとか黒豆とかもおすすめですね。豆は腎臓に形が似ているので「腎」を元気にしてくれます。小豆は利尿作用がとても強いのでむくみにもよいですね。またミネラル分が多いアサリやカキなどの貝類も「腎」に優しいとされています。



冬は本来、春に芽吹くためにエネルギーやいろいろなものを貯めておく季節だそうだ。なので、がんばらないことも「冬の養生」になるとのこと。「補腎」食材を日々の料理に取り入れて寒い冬を乗り切ろう。

『クスリごはん ゆるゆる漢方』(星雲社)、『ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方食材帖』(ナツメ社)など多くの著書を持つ櫻井は、自身のTwitterでも漢方を取り入れて元気に過ごす方法を投稿している。要チェック!

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「PLEASURE PICK UP!」。毎週火曜日は「食」に フォーカスしています。放送時間は6時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン