音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】シンガーソングライター・西片梨帆「世界観を持っている人になりたい」

【注目の学生アーティスト】シンガーソングライター・西片梨帆「世界観を持っている人になりたい」

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、現役大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。11月18日(月)のオンエアでは、シンガーソングライターの西片梨帆さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。


■小説も書くなど、幅広く活動

前回、出演した果歩さんが「シンガーソングライターというより表現者」だと紹介していた西片梨帆さん。18歳くらいからシンガーソングライターとして活動している。主に、どこで活動しているのか訊いてみた。



あっこゴリラ:主に、どこで活動されてますか?
西片:下北沢のライブハウスとか、あと自分が小説とかを書いたりしてるので、本屋さんでライブをしたりとかしてます。
あっこゴリラ:私も小説家になりたい時期あった。でも書けなかったわ~。あははは。なんか自分の頭が完結できてないの。カオスだから物語を完結することができなくて、いつも自爆して終わってた。
西片:あはははは。書きたいことが散らばってみたいな。
あっこゴリラ:そうそうそう。西片さんが、音楽を始めたきっかけって何ですか?
西片:高校生のときに友達が全然できなくて、ずっと本を読んでいて、それで自分も何か表現出来るんじゃないかなって思って。でも、高校生で小説書くのは難しいなと思って、音楽がいいかなと思ってやり始めたのがきっかけですね。
あっこゴリラ:そういう友達ができなかったっていうマイナスも、プラスにしていくっていいですよね。曲作りは、いつもアコギですか?
西片:そうですね。曲は、いつもアコギを弾きながら、メロディと言葉を一緒に作る感じですね。


■世界観を持っている人になりたい

シンガーソングライターだけでなく、小説も書くなど、幅広く活動されている西片さん。今後は、どのようになっていきたいか訊いてみた。

あっこゴリラ:今後、どうなっていきたいですか?
西片:言葉が好きなので、自分の言葉とか、世界観を持っている人になりたいなと思って、今も活動しています。
あっこゴリラ:今回、番組で放送された『問題ないわ』で、最後に「どうせ若かったとか言うんでしょ」みたいな、あのくだり「マジわかる~~! 」って思った。ほんと18歳とか19歳のころ、死ぬほど思ってた。「どうせ若さでしょ。はいはい」みたいな、あの時の気持ち、めちゃめちゃ覚えてますね。
西片:あはははは。
あっこゴリラ:だから、“私はそうじゃない”って思って、18歳や19歳の子にも対等に接してる。逆に言うと厳しいかもしれない。あははは。
西片:でも、その世代からすると対等でいてくれた方が、きっと嬉しいのかなって思います。


■ジャケットやMVそれぞれに彼のセンスが光っている

そんな、西片さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「室井雅也」。



あっこゴリラ:どんなところがおすすめですか?
西片:曲はもちろんなんですけど、ジャケットとかMVとか、それぞれ彼のセンスが光ってて。いろんな事を含めて、彼の表現っていう感じがすごく素敵だなと思います。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン