音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Suchmos・YONCE、子どもの頃の夢を明かす

Suchmos・YONCE、子どもの頃の夢を明かす

J-WAVEで放送中の『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:Suchmos)。11月6日(水)のオンエアでは、YONCEとOKが登場。それぞれのメンバーにフォーカスして、一人ひとりの夢を見つけていく「SPARK DREAMER」のコーナーで、YONCEが子どもの頃になりたかった職業や、対談したい人物について語った。


■YONCE、子どもの頃の夢を語る

今後の夢や目標を語る前に、まずは「子どもの頃の夢」を語ることになったYONCE。卒業アルバムの「将来の夢」の欄に、どのようなことを書いていたのだろうか。

YONCE:俺ね、"社長"って書いてた。
OK:(笑)。
YONCE:「社長はステータスだ」っていう、非常に短絡的な理由から。小学生が社長で、中学生は何かに書いていたわけじゃないけど、「スーツを着ないことをする」だったんだよね。高校生になったら、バンド以外の選択肢はなくなっておりました。
OK:なるほど(笑)。


■YONCEが対談したい人は?

YONCEは、「話してみたい(対談したい)人はいますか?」という質問に対して、GRAPEVINEのボーカル・田中和将の名前を挙げる。

YONCE:GRAPEVINEのボーカルの田中和将さん。
OK:飲兵衛の。
YONCE:飲兵衛の兄貴ですね。ずっと俺らのことを気にかけてくれて。ツアーに一緒に行ったりとかもしてね。音楽的に前を進んでいる先輩だよね。
OK:師匠だね。
YONCE:ありがたい言葉を頂戴したいっていうよりかは、「バンドってね......」っていう話を聞きたいな。

続けてYONCEは、対談したい人にScoobie Doのドラマー、オカモト"MOBY"タクヤの名前を挙げる。

YONCE:Scoobie Doってバンドは、マネージメントや事務作業的なところも4人で分担して、インディペンデントな形で活動されていて。そんななかで、いろんなフェスで一緒になったりしてね。
OK:MOBYさん、(会場で)発見しやすいんだよね(笑)。
YONCE:大変なこともあるだろうけど、彼らはそれを表に出さないじゃん。そういうところも素敵だなあと思っていて。あと、MOBYさんとサッカーの話もしたくて。

「SPARK DREAMER」では、各出演者がそれぞれ抱える今後の夢や目標についてトークする。詳しくはradikoをチェック!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月13日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。