音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
山口智充&浦浜アリサ、深川ドライブを満喫! 江戸の伝統の味を堪能

山口智充&浦浜アリサ、深川ドライブを満喫! 江戸の伝統の味を堪能

J-WAVEで放送中の番組『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。11月はTOYOTAの新型ワゴン「カローラツーリング」に乗って、東京の「懐かしいのに新しい街」をドライブ! 11月15日(金)のオンエアでは、江戸の伝統の味を堪能した。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

■「深川宿」で江戸の味を楽しむ

今回、山口と浦浜は深川をドライブ! かつて東京には深川区が存在していたが、のちに城東区と合併し、現在の江東区となった。下町情緒が宿り、江戸時代の名残が感じられる深川で、2人は「深川めし」を堪能した。

山口:「深川宿」にやってきました。今に伝える江戸の味、「深川めし」のお店ですね。
浦浜:宿と書いて「じゅく」と読むんですね。タレの匂いが外まで香ってる!

「深川宿」の「深川めし」は、味が2種類あるとのこと。まず1つが「ぶっかけ」。江戸時代、深川の漁師が仕事の合間に食べた賄い飯だ。「深川宿」では、新鮮なあさりを特製の味噌でさっと煮立て、汁ごと米にかける。もう1つは「炊き込み」と呼ばれ、アサリの炊き込みご飯を醤油で味付けしたもの。明治時代の木場の大工が、弁当にして食べていたとのこと。山口は「ぶっかけ」を、浦浜は2種類どちらも楽しめるセットを注文した。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

■「深川めし」の味をレポート

山口と浦浜が「深川めし」を味わった。

山口:美味しいです!
浦浜:言葉にならない……美味しい。幸せです。

TOYOTA DRIVE IN JAPAN

「深川めし」の「ぶっかけ」には独自の食べ方があり、熱いうちに下からかき混ぜて、ダシと米を絡めるとのだという。そこに、お好みで「七色」をかけると、味の変化を楽しめるそうだ。七色は、江戸で呼ばれていた七味唐辛子の呼称。

山口:七味唐辛子のことを七色って言うんだね。
浦浜:素敵ですね。

『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』では、山口智充と浦浜アリサが日本各地をドライブ! 車で出かける楽しさを発見していく。オンエアは毎週金曜日の16時から。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月22日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』
放送日時:毎週金曜 16時-16時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。