音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ユニコーンの「今日までをつなぐ、大事な1曲」は? J-WAVEリスナーが選ぶ!

ユニコーンの「今日までをつなぐ、大事な1曲」は? J-WAVEリスナーが選ぶ!

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週はユニコーンを特集。

ABEDON(阿部義晴)、奥田民生、川西幸一、EBI(堀内一史)、手島いさむの5人からなるユニコーンは、1986年に広島で結成され、1987年にデビュー。1993年に解散したのち2009年に再始動。この10年、コンスタントに作品リリースやツアーなどを重ねており、10月2日には今年2枚目となるアルバム『UC100W』をリリースした。

今年は"ユニコーン100周年"として活動している。ユニコーン再始動10周年、現メンバー体制となり制作したアルバム『服部』から30周年、川西が還暦(60周年)、これらの数字を足して"100周年"ということだ。

特集4日目となる10月10日(木)のオンエアでは、リスナーが選ぶ「ユニコーンといえばこの曲!」をメッセージとともに紹介した。

【1日目】ユニコーンが今年、夏フェスに出なかった理由は?
【2日目】ユニコーン、解散から16年を経て再始動...変わったことは?
【3日目】ユニコーン・ABEDON「ライブは半分、メンバーのためにやってます」 その真意とは?

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月18日28時59分まで)

■ユニコーンといえばこの1曲!

・『すばらしい日々』

「人気絶頂で突然のリーダー・川西さんの脱退。のちのバンド解散、そして解散してから虚空の15年間、まさかの16年ぶりの再結成から今日までをつなぐ、大事な1曲です。ファンとしては、再結成して5人が一緒にこの曲を演奏する姿を見るだけで毎回泣けます。歌詞は前向きで、ユニコーンが存在してくれる今がすばらしい日々です」

・『HELLO』

「川西さんの言葉を借りるなら『再結成してまさにファンに落とし前をつけに来た』この1曲。ライブでまた聴きたいなあ」
「歌詞を読むと泣ける。再結成の要となった現リーダー・ABEDONならではのメロディと歌詞に民生の力強い声、メンバーの魂がこもった演奏が全て」

・『デジタルスープ』

「広島のスーパーボーカリスト・奥田さんが、山形の最も巧妙な音楽家・ABEDONの曲を歌うのがユニコーンの醍醐味のひとつです。この組み合わせによる選びきれぬ名曲のうち、彼らにとって最も大切な何かを永遠に守る決意を表明したこの曲を選びました」

・『ペケペケ』

「彼氏心と彼女心の歌詞をEBIさんと民生さんが交互に歌うのが当時の私にはタイムリーで、当時の彼氏とこればっかり歌っていました。ツアーで聴いたとき当時に引き戻され、懐かしくて泣けました。泣いてました」

番組では「ユニコーンガチャ」を実施。ユニコーンがこれまでに発表した186曲の曲名のクジが入ったボックスの中から、あっこゴリラがランダムに1曲をセレクトして番組で流す。

この日は『ケダモノの嵐』をオンエアした。この日紹介した楽曲を、ぜひチェックしてみてほしい。

『SONAR MUSIC』のワンコーナー「FEATURE TOPICS」では、様々な旬の音楽トピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていく。放送は月曜~木曜23時頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン