音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
もうすぐ運動会シーズン! 「早く走る」コツを、陸上競技コーチが語る

画像素材:PIXTA 

もうすぐ運動会シーズン! 「早く走る」コツを、陸上競技コーチが語る

もうすぐ運動会の季節。親がリレーに参加するというイベントがあるかもしれない。そこで今回は、元陸上ハードル日本代表で、現在は陸上競技コーチとして活躍している、別名"かけっこマスター"の永野佑一さんが、走るためのコツと、とっておきのトレーニング法を解説した。

【9月9日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】


■早く走るのに大事なのは「腕の振り」

走る前には、股関節のストレッチをしよう。

永野:股関節が柔らかくなると走りが大きく変わります。足の回転が早くなり、一歩の幅が広がるからです。

走るときに意識したいのは、腕の振り。肩を中心にして腕を素早く振ることでスピードが上がる。

永野:ペンを握るくらいの力で軽く手を握ったら、ちょうどいい高さに持っていき、肩を意識して素早く振ってみましょう。これだけで、走るのが遅い人ほど早く走る効果があります。

リレーをする際は、カーブ練習を抜かりなく!

永野:カーブをうまく走るには、曲がる方向に目線を向けること。首や体が自然と傾き、いい走りができるようになります。目線を向けずに体を傾けようとすると、首だけが不自然に曲がって大回りしてしまうことがあります。


■効果的なトレーニングは?

早く走るためのトレーニングには、縄跳びが最適だ。

永野:早く走るためには、地面から素早く足を離し、足の回転数を早くする必要があります。縄跳びは地面から足を素早く離す必要があるので、早く走るのに重要な効果があります。また、体の軸をまっすぐにキープしたまま行うので、体幹も鍛えられますよ。

ぜひ、試してみて!

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを様々な視点で紹介している。放送は月曜~木曜の6時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。