音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
yaikoこと矢井田瞳、デビュー20周年を控えて「

yaikoこと矢井田瞳、デビュー20周年を控えて「"変化"というより...」

シンガーソングライター・矢井田瞳が、2020年にデビュー20周年を迎える。2018年には、およそ5年ぶりとなるホールツアーを開催。今年はyaiko名義で、約3年半ぶりにミニアルバム『Beginning』をリリースした。矢井田が、20周年を目前にした今の心境を語った。

【9月25日(水)J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」】


■年を重ねていくことが「非常に楽しみ」

矢井田は、デビュー10周年までは「あっという間でした!」と答えていたが、20周年となると「さすがにいろいろあったなという感じ」と話す。

別所:そりゃそうだよね。20年だもんね。
矢井田:でも、これまでは自分がバラバラに考えていた仕事や友だち、音楽とかが、どんどんひとつになっていくという感じで、隔たりがなくなっていく感覚があります。
別所:歳を重ねるごとに仲間が集まり、出会いがあり、生まれたものが花開いていくっていう。
矢井田:そうですね。

矢井田はデビュー当時、大阪の大学に通っていたため、平日は大学に行き、週末は東京で仕事をするという忙しい日々を送っていた。

矢井田:どちらを向いているかも分からない、洗濯機の中に入ったような日々でした。
別所:20年での変化をどう受け止めてますか?
矢井田:20年歌っていくと、声が落ちたり発声が難しくなったりといったことはあるけど、昔以上の何かを出そうとしたり、別の方法でやっていくのも楽しいです。あとは、まわりに憧れの先輩や、素敵な年齢の重ね方をしている方が多いので、非常に楽しみです。
別所:なるほど。
矢井田:"変化"というより、増えていってる感じがします。「こんな気持ちは知らなかった」とか、新しい気持ちに出会うと新しい曲が書きたくなるので「音楽ってキリがないな」って思います。


■昔の曲は「今の私には言えないような歌詞」が詰まっている

ミニアルバム『Beginning』では、『My Sweet Darlin'』『How?』『Life's like a love song』をセルフカバーした。「自分の作品に対する受け止め方が変わった」と矢井田。

矢井田:今の私には言えないような歌詞が詰まっていたり、恥ずかしい内容もあるけど、妹が書いた曲みたいな感じ。今の私の言葉に書き換えて歌いたいとは思わないし、そのままでいいんじゃないかなって思います。

番組では、アコースティックユニット・高高-takataka-とともに『My Sweet Darlin'』をスタジオライブで披露した(音源はradikoで2019年10月2日28時59分まで)。

矢井田は、2020年2月8日(土)に東京・EX THEATER ROPPONGIにて「"20th Anniversary" 矢井田瞳 Live Tour『keep Going』」を行う。こちらも要チェックだ。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」では、あらゆる世界の本質に迫る。放送時間は8時35分から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月2日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。