音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
すぐ寝られるのは、実は危険な「病的な眠気」 良質な睡眠をとるには

すぐ寝られるのは、実は危険な「病的な眠気」 良質な睡眠をとるには

寝苦しい夜が続く。布団に入ってから寝入るまで、どのくらい時間がかかるだろうか。「睡眠の充実度と、眠りにつくまでの時間の関係」を、快眠セラピストの三橋美穂が解説した。

【8月5日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190805063209


■脂肪や糖分の摂取量が多いと時間がかかる

まずは三橋さんから、こんな問題が出された。

Q:睡眠の質がよく、日々の睡眠が充実している場合、布団に入ってからどれくらいの時間で眠りにつくか?

1.8分以内
2.10分から20分くらい
3.29分くらい


正解は2番で、日々の睡眠時間が十分足りている場合、布団に入ってから寝入るまでに10分から20分ほどかかるのが普通。

三橋:5分で眠りについて翌日も元気に過ごす人もいますが、現在の睡眠障害の検査基準では、「8分以内に眠れるのは"病的な眠気"」とされています。すぐに眠れる、いつでもどこでも眠れる、というのは実は危険な状態です。また、脂肪や糖分の摂取量が多いと、寝入るまでに平均29分も時間がかかり、深い睡眠も減り、中途覚醒が増加する乱れた睡眠になるという調査結果もあります。

睡眠の質をアップさせるためには、夕食に食物繊維を多く摂るのがおすすめ。寝付きがスムーズになり、深い睡眠が増えるとのこと。

ちなみに、最も健康リスクが小さいといわれる睡眠時間は、7時間から8時間と言われている。

三橋:「6時間睡眠を10日間続けた人は、1日徹夜した人と同じレベルまでパフォーマンスが下がる」という報告もあります。平日に不足した睡眠を補うためには、週の半ばに早寝をすることが有効です。"睡眠負債"を少しでも返せば、大きくたまることもありません。

■おすすめは熱いシャワーとアロマ

そこで、朝スッキリと目覚めるための方法を訊いた。

三橋:おすすめは、熱めのシャワーを浴びること。42度くらいのシャワーを浴びると、交換神経が刺激されて目が覚めます。この時、アロマの精油を1滴から2滴、お風呂の床にたらすのもおすすめです。レモンやローズマリー、ペパーミントなどスッキリする香りで、嗅覚からも脳を刺激しましょう。

さらに音楽やラジオをかけるのもおすすめで、「リズミカルな音楽やお気に入りのラジオ流して、聴覚からも脳を刺激しましょう」とのことだ。ぜひ、寝起きのお供にラジオを聴いて、スッキリ覚醒してみてはいかがだろうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン