音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
日常にちょい足しダイエット!高野豆腐を食べて「8の字運動」をしよう

画像素材:PIXTA 

日常にちょい足しダイエット!高野豆腐を食べて「8の字運動」をしよう

痩せるために、キツい食事制限やハードな運動を始めたけれど挫折してしまった……誰しもが、こんな経験を持っているでしょう。ダイエットは長続きしないと意味がありません。簡単に、そして続けられる方法はないのでしょうか?

肥満治療の名医である、よこはま土田メディカルクリニック院長の土田 隆さんによると、高野豆腐を食べて、さらに「8の字運動」をプラスするといいそうです。詳しく話を訊きました。

【7月10日(水)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】


■高野豆腐の栄養がスゴい!

高野豆腐は、栄養満点でダイエット効果の高い食材として注目を集めています。糖質量は白米の20分の1、タンパク質は木綿豆腐の7倍です。中性脂肪を減らす不飽和脂肪酸の脂質は8倍もあり、“レジスタントタンパク”と呼ばれる中性脂肪やコレステロールを減らす効果を持っています。さらに主要成分のβコングリシニンは、“痩せホルモン”といわれているアディポネクチンを増やす効果があります。

白米の量を減らして、そのぶん高野豆腐に置き換えると、無理なく続きそうですね。


■「8の字運動」でお腹まわり引き締め+お通じがよくなる効果

さらに、「8の字運動」を取り入れると効果が高まります。

土田:ダイエットに必要なのは筋肉。筋肉は脂肪を燃やして、リバウンドを減らす働きも持っています。筋肉のなかでも体幹の筋肉、つまり腹筋や大胸筋や背筋が必要です。特に背筋は普段は使われにくく、体の横についている腹斜筋は使用頻度が低いです。それを刺激してお腹まわりを引き締めたり、体の体幹状態を安定させて姿勢をよくしたり、腸を元気にしてお通じをよくする効果も期待できます。

<8の字運動の方法>

【1】足を肩幅に開いて立つ。
【2】15cmほどのボールを上下に挟むイメージで、両腕を前に伸ばす。
【3】その体勢から、体の前で15~20秒かけてゆっくり大きく「横向きの8の字」を描く。
【4】これを1回3分、1日3回行う。
※ひじを曲げないこと。
※目線はイメージしたボールを見て、上半身をひねるように行う。

今までの日常に“ちょい足し”できる食材&運動をご紹介しました。ぜひ、続けてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン