音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ザ・ローリング・ストーンズの80年代を振り返る 「いいバンドは危ういバランス感覚の上に成り立っている」【特集】

ザ・ローリング・ストーンズの80年代を振り返る 「いいバンドは危ういバランス感覚の上に成り立っている」【特集】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。3月27日(水)のオンエアでは、Licaxxxとのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は現在、TOC五反田メッセで企画展が行われているザ・ローリング・ストーンズを特集します。

特集1日目は1962年の結成からメジャーデビューとその快進撃、そして事件にまで発展したライブや、初代バンドリーダーだったブライアン・ジョーンズの死など、60年代の歴史を紹介。2日目は自主レーベルを設立後、『Sticky Fingers』『Goats Head Soup』『It's Only Rock 'n' Roll』『Black and Blue』など、歴史的名盤を量産する70年代の歴史を紹介しました。3日目はその続き、1980年代からの軌跡を辿ります。

1回目:伝説のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズを襲った「オルタモントの悲劇」とは?【特集】
2回目:ザ・ローリング・ストーンズ、来日公演でチケット完売するも入国拒否に【特集】


■ミックとキースの仲違いが深刻化

80年代のストーンズは、アルバム『Emotional Rescue』からスタートを切ります。レゲエやダブなどを取り入れた実験的な作品で、1973年の『Goats Head Soup』以来、アメリカで1位を獲得。しかし、80年代に入った頃からミックとキースの仲が次第に悪くなっていき、曲作りが全く進まない状態となってしまいます。

1981年にリリースしたアルバム『Tattoo You』は、膨大なアウトテイクの中からオーバー・ダブをしていくことで作り上げていきました。ザ・フーのピート・タウンゼント、ジャズサックスのソニー・ロリンズなど、名だたるアーティストが音を重ねてバラバラに録音された音質を統一させ、1枚にまとめることに成功しました。中でも『Start Me Up』は80年代の音楽シーンを代表する1曲となりました。

80年代のストーンズは時が進むに連れて、ミックとキースの仲がいよいよ最悪の状態になっていきます。バンド結成20周年としてヨーロッパツアーも行いましたが、これを最後に1989年までライブ活動を休止。1983年のアルバム『Undercover』は完全な新曲入りで作り上げることを方針としていましたが、お互いの作った曲が気に入らず、ギクシャクした状態に。

そして、1984年に入りミックがソロ活動を行うようになると、バンドは停滞。ミックは自身のアルバムプロモーションのために、ストーンズのツアーを行うことを拒否。このことに激怒したキースは、バンドのイニシアチブを自分がとって1986年にアルバム『Dirty Work』を作り上げました。そして1988年、ついにはキース自身もソロアルバム『Talk Is Cheap』をリリース。キースが後にこの期間のことを“第三次世界大戦”と例えたように、まさに80年代のストーンズはバラバラな状態でした。


■解散危機からの復活

中心的存在だったミックとキースの仲違いに、バンドはキャリア最大の解散の危機を迎えます。しかし、ここで耐えるのがザ・ローリング・ストーンズ。80年代も終わりを告げる1989年1月、ロン・ウッドの提案により、ミックとキースは久しぶりの再開を果たします。長年の行き違いを紐解いていき、関係を修復させることに成功。ふたりはすぐに曲作りを再開しました。

メンバー5人が久しぶりにそろったストーンズは、アルバム『Steel Wheels』をリリース。10年近く続いたケンカもようやく終焉を迎え、バンドはまた転がりはじめます。1989年8月には久しぶりの世界ツアーも実現。1990年2月には初来日も果たしました。東京ドームでの10回連続公演は社会現象にもなりました。

藤田:ミックとキース、ザ・ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーやオアシスのギャラガー兄弟みたいに、才能と才能がぶつかると冷めた時期を迎えるのもバンドとしては仕方がないのかな。いいバンドは、危ういバランス感覚の上に成り立っていることも、改めてストーンズの歴史を振り返るとよくわかります。
Licaxxx:ストーンズは解散してないけどね、って感じだよね(笑)。
藤田:まあ、いろいろあってここまできたんだなって感じがあります。

ここで3日目は終了。80年代の煮詰まった時期を抜けたストーンズの90年代から現在までの軌跡は、最終日28日(木)にお届けします。どうぞお楽しみに!

そんなザ・ローリング・ストーンズの壮大な歴史を振り返る企画展『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』が、現在、TOC五反田メッセにて開催されています。興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 


【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン