音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ザ・ローリング・ストーンズ、来日公演でチケット完売するも入国拒否に【特集】

ザ・ローリング・ストーンズ、来日公演でチケット完売するも入国拒否に【特集】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。3月26日(火)のオンエアでは、DAOKOとのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は現在、TOC五反田メッセで企画展が行われているザ・ローリング・ストーンズを特集します。

特集1日目は1962年の結成からメジャーデビューとその快進撃、そして「オルタモントの悲劇」と呼ばれる事件にまで発展したライブや、初代バンドリーダーだったブライアン・ジョーンズの死など、60年代の歴史を紹介。2日目はその続き、1970年代からの軌跡を追いました。

1回目:伝説のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズを襲った「オルタモントの悲劇」とは?【特集】


■アルバムが全米8週連続1位の大ヒット!

1970年代は彼らにとって、音楽的に実りの多い時代となりました。まずは自主レーベル「ローリング・ストーンズ・レコード」を設立。71年にはレーベル第1弾となるアルバム『Sticky Fingers』をリリース。また、ブライアン・ジョーンズの後任として、若き天才ギタリスト、ミック・テイラーが参加します。

アルバムはブルース・カヴァーはもちろん、カントリーやサザン・ソウルの影響など、アメリカ音楽をより深掘りした作品となりました。先行シングルとしても発売され、アルバムの冒頭を飾る『Brown Sugar』は全米ナンバー1を獲得。さらにアルバムとしては、アメリカで8週連続1位に輝く大ヒットとなりました。

キースの代名詞であるオープンGチューニングの5弦ギター。6弦をカットして、さらにチューニングを変えることで、指で押さえない開放した状態でGのコードが鳴らせるというもの。これはブルースギタリストがよく使うギターのチューニング方法です。このオープンGのギターで70年代のザ・ローリング・ストーンズ・サウンドを作り上げていきます。

翌年の1972年にはアルバム『Exile on Main St.』をリリース。音楽的要素に富んだこの作品は、イギリス、アメリカ共に1位を獲得。1973年には『Goats Head Soup』、1974年には『It's Only Rock 'n' Roll』といったヒット作を次々リリースします。

しかし歴史的名盤を作る一方で、キースやミックのドラッグ問題による法廷闘争が起こり、活動に度々支障をきたしていきます。チケットが完売していたにも関わらず、日本公演は入国審査が下りず中止に。そんな中、ブライアンの代わりに参加したミック・テイラーは度重なるトラブルに加え、次第に自分ひとりでやってみたいという思いが強くなり、バンドを離れます。

1975年、バンドは新たなメンバーを探すために「グレート・ギタリスト・ハント」と銘打ったオーディションを開催。盟友だったイギリスのバンド「Faces」からロン・ウッドを新メンバーに招き入れ、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツ、そしてロン・ウッドというメンバーで新たなスタートを切ることになります。


■ザ・ローリング・ストーンズは古臭いロック?

1976年にロン・ウッドを迎えて制作されたアルバム『Black and Blue』は、ファンク的な要素を取り入れた作品で成功を納めましたが、またもやキースがドラッグの不法所持で逮捕されます。1年以上も裁判が長引くことになりました。

さらに1970年代後半、イギリスではパンク・ムーブメントが巻き起こり、ザ・ローリング・ストーンズは、もはや「古臭いロック」と批判されてしまいます。その返答として作り上げたアルバムが、1978年リリースの『Some Girls』。ストーンズ流のディスコナンバーを見せつけた収録曲『Miss You』が大ヒットとなります。

度重なるピンチを切り抜けながらも、なんとか転がり続けたザ・ローリング・ストーンズ。しかしこの後、もっと大きなピンチがバンドに訪れる……というところで2日目は終了。気になる80年代の軌跡は3日目、27日(水)の放送をお楽しみに!

そんなザ・ローリング・ストーンズの壮大な歴史を振り返る企画展『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』が、現在、TOC五反田メッセにて開催されています。興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
Recommended by