音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
前田敦子、映画監督として「みっちり撮影」 永山瑛太の感想は

前田敦子、映画監督として「みっちり撮影」 永山瑛太の感想は

WOWOW開局30周年記念『アクターズ・ショート・フィルム2』(2月6日午後5:00)の完成報告会が2日都内で行われ、青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子が監督として登壇した。

DSC_0952.JPG

5人の人気俳優が制作費・制作日数など同条件で25分以内のショートフィルムを制作する、WOWOW開局30周年記念プロジェクトの第2弾。世界から約6,000本のショートフィルムが集まるアジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』のグランプリを目指す。

DSC_0764.JPG

『あんた』で監督・脚本・主演の3役を務めた千葉監督。3役という点をフィーチャーされると「そんな大々的に取り上げられるとは!」と大慌ても「ご一緒した伊藤沙莉さんに代わりにカットをかけていただくとか、周りの方々に助けられながら」と共演者の協力を得て両立させたと感謝。役所広司主演の『ありがとう』を手掛けた永山監督は「役所広司さんがダメならば降りてもいいと思った」と念願のキャスティングに思いもひとしおで「僕から直接オファーをして主演を引き受けていただきました」と名優起用の舞台裏を紹介した。

DSC_0771.JPG

柳英里紗&三浦貴大主演の『理解される体力』を手掛けた前田監督は、膨大なセリフ量について「一語一句覚えてと二人には伝えたので、相当大変だったろうなと。朝から晩までみっちりと撮影。すごいセリフ量だったので二人には感謝です。でもそれを楽しみながら撮影に挑んでくれた姿を見られたのが嬉しかった」と主演二人に信頼を寄せていた。

DSC_0853.JPG

【関連記事】前田敦子、子育ての楽しさ語る「いろんなことに興味を持つ彼を見ていると…」

そんな前田監督の演出について、先んじて作品を見た永山監督は「サディスティックな監督」と講評。それに前田監督は「とことんやるのは面白かった。『もうちょっと……』と粘ってたっぷりと時間をかけて撮るという贅沢をさせていただきました」と初監督作にして妥協しない演出スタイルを確立しているようだった。

DSC_0759.JPG

DSC_0913.JPG

(取材=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事