音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
崎山つばさ、植田圭輔にドッペルゲンガー説を唱える「大阪用、東京用、緊急用と3人いる!」

崎山つばさ、植田圭輔にドッペルゲンガー説を唱える「大阪用、東京用、緊急用と3人いる!」

俳優の崎山つばさと植田圭輔が11日、大ヒット人気シリーズの最新作『クロガラス3』の公開記念イベントに参加した。

金と欲望が渦巻く新宿歌舞伎町を舞台にした、アクションエンターテインメント待望の続編。2019年に連続公開された映画『クロガラス1』『クロガラス2』はミニシアターランキングで2位にランクインするなど、ロングランヒットを記録した。その続編となる今回は、勢力を拡大する真柴理玖(渡部秀)率いる「ホワイトナイト」と「クロガラス」の解決屋VS解決屋の抗争を描く。



念願の続編公開に崎山は「当時から植ちゃんや監督とシリーズ化できたら、という話をしていました。実は今回のストーリーのアイデアも当時からありました」と嬉しそうに明かし「今回の撮影中には、次回は海外マフィア編だ!と盛り上がった。それもいつかできたら」と世界進出に意気込み。それに植田は「海外マフィア編は我々が海外に行きたいためだけにね!」とぶっちゃけて笑いをとっていた。

【関連記事】崎山つばさ、もしLiLiCoとデートするなら…シチュエーション別の「聴きたいミスチルの曲」

kuro-2109115.jpg

kuro-2109113.jpg

パワーアップしたアクションシーンも見所。崎山は「植ちゃんと共闘してのアクションはシリーズとして初めて。身軽な悠哉(植田)と重く打ち込む黒斗(崎山)。そのバランスが良くて、アンニュイなイメージのある植ちゃんの雄(オス)感にも胸キュン」と満足気だった。

kuro-2109111.jpg

またお互いの「解決してあげたいこと」を聞かれた崎山は「実は植ちゃんって、大阪用、東京用、緊急用と3人いる!」と多方面で活躍中の植田にドッペルゲンガー説を唱えて「この作品のときも台本を2冊抱えていました。出会った頃からずっと働いている。ゆっくりできる期間をスケジュールに組み込んであげたい」と多忙な植田をちょっと心配。それに植田は「メチャクチャ僕のことを考えてくれているね!」と気遣いに喜んでいた。

kuro-2109116.jpg

一方の植田は「つばさは解決してあげたいことがないくらい完璧!」としながらも「しいていうならば、つばさのインドアを解決してあげたい」と提案。崎山が「僕はスーパーインドアです」と応答すると、植田は「僕とともにゆったりする時間を一緒に過ごして、外に連れ出したい」と提案。それに崎山は「ならば『クロガラス』で海外マフィア編を作ってもらい、撮影前に海外でゆっくりする時間を作ってもらおう!」と一石二鳥に前向きだった。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。