音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
岡田准一「いいことを聞いた。幸せ」  山田涼介と山田裕貴の“ダブル山田”の関係にほっこり

岡田准一「いいことを聞いた。幸せ」 山田涼介と山田裕貴の“ダブル山田”の関係にほっこり

作家・司馬遼太郎原作の国民的ベストセラーを完全映画化。史上最強の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三を描くスペクタクル・エンタテインメント超大作『燃えよ剣』が10月15日、ついに全国ロードショー。その完成報告イベントが9日都内で行われ、主演の岡田准一(新選組副長・土方歳三)、共演の柴咲コウ(お雪)、鈴木亮平(新選組局長・近藤勇)、山田涼介(沖田総司)、尾上右近(会津藩藩主・松平容保)、山田裕貴(江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜)、伊藤英明(初代筆頭局長・芹沢鴨)、そして原田眞人監督が参加した。

DSC_7322.JPG

土方歳三を演じた岡田は「僕はこれまで色々な役を演じてきましたが、歴代で一番カッコいい素敵な役柄」と手応え。撮影を振り返り「隊士のメンバーが本当の隊士のようにチームワークが良くて、誰かが悩んでいたら鈴木君が食事に連れて行くとか、ケアしてくれたりして、まるで本当の隊士のような雰囲気作りの中で撮影することができた」とキャスト陣との絆を強調した。

DSC_7130.JPG

DSC_7100.JPG

DSC_7055.JPG

そんな中で「撮影時の苦労」を問われた岡田が「苦労……?」と沈黙すると、原田監督は「弱く見せなければいけないとか?」とニヤリ。タフなキャラクターを演じる機会の多い岡田は「最近僕が強いとかなっていますけど……そんなことはないです」と謙遜するも、鈴木からは「強いですよ、岡田さんは。みんな知ってますよ」と優しく諭されていた。

【関連記事】岡田准一×平手友梨奈が語り合う、「職人気質の表現者」としての苦労

DSC_7086.JPG

時代劇初挑戦の山田涼介は、役作りのために減量にも挑戦。「岡田さんや亮平さんがお医者さんのように色々と教えてくれた」と二人のアドバイスに感謝すると、岡田は「自分が二度とやりたくない一番きついものを教えました。それを実践していたので、(山田涼介の)この作品に対する想いを感じた」と絶賛し、鈴木も「体調や見た目のコントロールは想像を絶する大変さだったと思う」と過酷な役作りを労っていた。

DSC_7272.JPG

また映画のタイトルにかけて「最近燃え上がったこと」を聞かれた岡田は「今日ですね!」と約1年半の延期を経ての映画の完成報告に心が燃えたのかと思いきや、「W山田が揃ったという。同じ苗字の二人がどういう感じで喋るのかと、個人的には燃えている」と山田涼介と山田裕貴のそろい踏みに小ボケ。山田涼介が「僕は裕貴君と下の名前で呼んでいて、連絡もし合っていますよ」と仲睦まじい様子を報告すると、岡田は「いいことを聞いた。幸せ」と嬉しそうだった。

DSC_7062.JPG

下の名前で呼ばれている山田裕貴

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。