音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
平井 堅が「先生みたいな存在」と憧れるアーティストは

平井 堅が「先生みたいな存在」と憧れるアーティストは

J-WAVEは5月4日(火)、9時間の特別番組『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Mercedes-EQ presents BROADEN OUR HORIZONS』(ナビゲーター:クリス・ぺプラー、長濱ねる)をオンエア。メルセデスのモビリティとリビングの新しいつながりを提案し、近未来のライフスタイルを体験できる施設「EQ House」から生放送でお届けした。

ここではゲスト出演した平井 堅とのトークの様子を紹介。憧れのアーティストや、年月とともに変わった部分、新曲『1995』について語った。

「こういう声になれたらな」と憧れたアーティストは?

平井はデビュー25周年について「聴いてくださる方がいないと成り立たない職業なので、歌だけで25年食っていけたというのが感謝」とコメント。番組のテーマである「伝承と進化」についてトークを繰り広げた。平井が憧れたアーティストとして、ダニー・ハサウェイを語った。

クリス:まずは伝承系アーティストとして、ダニー・ハサウェイ。奇しくも33歳という非常に若い歳で亡くなってしまいましたが、平井さんにとってはどんな存在ですか?
平井:伝説の方なので僕があれこれ言う必要もないとは思うんですが、18、9歳ぐらいの歌い始めたころに存在を知って、何度も繰り返し聴いていたので、教科書、先生みたいな存在ですね。
クリス:学んだというか、自分のアーティストライフに一番大きく影響した部分はどこですか?
平井:なれないけれども、この声。「ええ声代表」みたいな、この太くてちょっと周りに苔むした感じ、モワッとしたものがあって、細かいビブラートがかかってっていう。こういう声になれたらなと、いつも思って若かりしころは歌ってました。
クリス:なるほど。一番自分のなかでは大きい存在という感じですか? ほかにもたくさんすばらしいアーティストがいるけれども、なにはともあれダニー・ハサウェイという感じなのかな。
平井:もちろん、いろいろな大好きなボーカリストはいっぱいいるけれども、最初に「こんな風になれたら」と思った方なので。そうですね、なかなか塗り替えられないというか。パイオニアという感じです。
長濱:それでは平井さんが選んだダニー・ハサウェイの曲を聴いてみましょう。

番組ではダニー・ハサウェイ『Love Love Love』をオンエアした。



クリス:ダニー・ハサウェイ『Love Love Love』をお聴きいただいています。ねるちゃんはいかがですか?
長濱:先ほどおっしゃった、太い声の周りにもわもわっと苔むした感じというのがすごく伝わってきました。平井さんの曲でも『Love Love Love』というのがありますが、この曲を思い浮かべたりしたんですか?
平井:この曲からインスパイアされて書いたんです。
クリス:ダニー・ハサウェイが切り開いたソウルミュージックの分野ですけど、この人はパイオニアと言えるし、日本でもフォロワーが多いじゃないですか。
平井:多いですよね。歌う人のなかで好きな人が本当に多いです。
クリス:日本でも平井さんのほかにもたくさんのアーティストが大ファンですね。

続いてクリスは「継承」のアーティストは誰かと質問。平井は最近お風呂に入りながらいつも聴いているというTHE CHARM PARKの『君と僕のうた』をセレクトした。

25年で変わっていったこと、変わらないもの

平井の25年の軌跡を振り返ることに。自虐的なコメントも交えながら、外見の変化についても語った。

長濱:25周年のキャリアは本当にすごく長いと思いますが、振り返ってみていかがですか?
平井:そうですね……あっという間という気もするし、いろいろなことがあったから長かったなという気もするし。ただもう本当に、歌うこと以外なにも考えず生きてきたので、そういう意味では社会人として非常に欠落しているなと思いますけれども。
長濱:(笑)。そのなかで伝承と進化というか、自分のなかで変わっていった部分と変わらなかった部分はありますか?
平井:難しいですね。気持ち的に変わってないのは、言葉をなるべく伝えたいというか、言葉を聞き取りやすく歌うということですね。ヘアスタイルは変わりましたけれども。
長濱:(笑)。
平井:最近は保守的な髪ですけれども、だいぶいろいろ変えましたね。
クリス:以前はアフロのときもありましたよね。
平井:アフロのときもありました。ちょうど21年ぐらい前とかにドレッドにしたり、あのころは血気盛んでしたね。
クリス・長濱:(笑)。
クリス:髪型の変化は自分の音楽性も変わるひとつのサインなんですか?
平井:確かに当時はR&B色が強い楽曲が多かったから。そうですね、楽曲に合わせてということでもないけど、そのときにムード、気分で変えるのはあるかもしれない。いまは髪型もJ-POP仕様なのかも。J-POP仕様というか、普通(笑)。

「負けを知っている人の物語」を詰め込んだニューアルバム

平井は5月12日(水)に10枚目のオリジナルアルバム『あなたになりたかった』をリリース。アルバムタイトルの由来について「僕自身が人に憧れたり、羨んだりすることで自分のエネルギーにしていったところがあるので、このタイトルにしたんです」と語った。

平井:アルバムの収録曲も、わりと他者に憧れたり、ここじゃないどこかに行きたがっているような、「負けを知っている人の物語」が詰まっているんです。そういう主人公にスポットをあてた曲たちを集めたアルバムになっているかなと思っております。

この日、J-WAVEでは『あなたになりたかった』に収録されている新曲『1995』をオンエア。平井が曲に込められた想いを語った。

平井:あまり歌詞の内容は僕とは関係ないんですけれども、1995年の僕がデビューした年がどんな年だったんだろう?と自分なりに思い返してみて。1995年は、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件など、残酷な事件や悲しい出来事もたくさんあったんです。同時に、TKサウンドとかアムラーとか、ギャルがすごく元気だったり、文化としてとても元気いっぱいなものもあって、そこが共存しているすごくエポックメイキングな年だったんだなと思い、その95年を描いてみようと思ったんです。トラックはオッペケペーな曲なんですけれども。
クリス:(笑)。
平井:それにその歌詞を乗っけて作ってみました。
クリス:じゃあ本当にいろいろな想いが込められた『1995』という感じですよね。
平井:そうですね。そんななか、自分がデビューしたんだなと思って。

曲を聴いたクリスが「すごく陽な曲ですよね」と感想を述べると、平井は「アルバムの収録曲には暗い歌詞が多くて、1曲くらいバカみたいな曲を聴きたいなと思ってこの曲を作った」と語った。

平井:まさかリード曲になるとは思ってなくて、とまどってはいるんですけれども(笑)。
クリス:これはでも平井さんスタイルでしょうね。ちょっと辛らつじゃないんだけれども、ハードコアな歌詞もあれば、対局の明るいポップっていう。それはけっこう「平井 堅節」かなって感じがします。
平井:わりと交互にそれをやってバランスとってます。
クリス:あまり中央はないですよね。
平井:(笑)。
クリス:どっちかに振り切るか、という感じで。
平井:やるなら極端にやりたいな、とは思っているんですけれども。

ニューアルバム『あなたになりたかった』発売日と同日の5月12日には、ミュージックビデオ集『Ken Hirai Films Vol.15』も同時リリース。ミュージックビデオ集のリリースはおよそ9年ぶりで、全18曲収録予定のボリューミーな内容になっている。

長濱:ミュージックビデオに対するこだわりはあったりしますか?
平井:その歌手の方をよりかっこよく見せるために、いい照明を当ててきれいな質感で撮ってみたいなことだけじゃなくて。そういうものも素敵なんだけど、それだけに終始するんじゃなくて、ちゃんと変なものというか、プラスちゃんと格好悪いところもあるものにしたいなと心がけています。難しいけれど「ありがちを避ける」というか。
長濱:映像を観ても、ちょっとした「いい違和感」というか、それがすごく心に残りやすくて、より歌詞や歌が入ってくるなと思います。ミュージックビデオ集楽しみにしております。
平井:ぜひ観ていただけるとうれしいです。

ここでYouTubeで5月5日(水)に公開となった『1995』のミュージックビデオの話題になった。

クリス:どんな感じなんですか?
平井:おじいさんが平井 堅の顔を持って走っているというビデオです。
クリス:(笑)。
平井:走ったり食事したりしているというビデオなんですけれども、ぜひ観ていただけると。

平井の最新情報は、公式サイトまで。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年5月11日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Mercedes-EQ presents BROADEN OUR HORIZONS
2021年5月4日(火・祝)
9:00-17:55

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。