音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
『スター・ウォーズ』で描かれなかった部分が観られる! ハマ・オカモトが思う、『マンダロリアン』の面白さ

『スター・ウォーズ』で描かれなかった部分が観られる! ハマ・オカモトが思う、『マンダロリアン』の面白さ

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のその後を描く実写ドラマ『マンダロリアン』。そのシーズン2が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス) 」にて10月30日(金)より日米同時配信がスタートした。(以降毎週金曜日に新エピソードが配信 )

【ストーリー】
『エピソード6/ジェダイの帰還』のその後を描く「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズが誕生。

ダース・ベイダーの死後から5年――いまだ銀河に平和は訪れず、帝国の残党が暗躍していた。そんな混乱した時代で自らの道を生き抜く孤高の賞金稼ぎ“マンダロリアン”は、フォースの力を秘めた孤児“ザ・チャイルド”と出会い、銀河中から狙われる壮大な闘いに巻き込まれていく…。

マンダロリアンに託された使命は、ザ・チャイルドが一族の<ジェダイ>の下に帰れるまで守りぬくこと。かつて仲間も家族も失った孤独な男が手にした絆は、この混沌とした世界で<新たな希望>となるのか―?
(『マンダロリアン』公式サイトより)
J-WAVEの番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)では『マンダロリアン』シーズン2の配信を記念して、11月2日、4日、5日の3日間にわたって同作の魅力や『スター・ウォーズ』について語り尽くすコーナー「WHAT IS THE MANDALORIAN?」をオンエア。ここでは、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)をゲストに迎えた5日のトークの模様を紹介しよう。

推しポイントは、映画になかった細かな描写

サッシャと同じく、『スター・ウォーズ』コアファンであるハマ。『マンダロリアン』では、これまでのシリーズで「サブキャラクター」として扱われてきたキャラクターに焦点が当たる点をおすすめポイントとして挙げた。

ハマ:『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から始まった映画シリーズのなかで、台詞がないようなキャラクターも人気なのが魅力の一つじゃないですか。
サッシャ:名前もついててフィギュアも出てて、でも台詞もないと。
増井:不思議なキャラクターがたくさんいますよね。
サッシャ:そうなんですよ。アイスクリームのバケツだけ持ってる(ウィロー・フード)とか、いろいろね。
ハマ:もう数えたらきりないんですけど、そういうキャラクターたちって、ただサブリミナル的に出てくるじゃないですか。一度きりもいるけど、そんな彼らに割とフォーカスが当たるシーンが『マンダロリアン』に多いんです。ジャワたちが乗っている、盗品を運ぶトローラー。映画でも出てくるし中も映るっちゃ映るんですけど、コクピットが映るってたぶん『マンダロリアン』が初めてじゃないですか。『スター・ウォーズ』シリーズ全体の魅力として、サブキャラや星別の地域とかに想像を持たせる余白がありますよね。なんか貧しいんだろうなとか、いろいろやってきた悪い人なんだろうな、あの酒場の奥に映っているのは……とか、そういった余白を各々が自分の頭の中で何十年もかけて埋めてきているんですよ。『マンダロリアン』は補完がすごく多くて、「こうなってたんだ」「意外とこういう動きもするんだ」とか、今までのシリーズを観てきた人がちょっとくすぐられるポイントもありつつ、初見の人でも新鮮にかつすぐに入り込める演出がされているんです。
サッシャ:難しくはないですもんね。
ハマ:そう、全然難しくない。知らないキャラだから全然わからないということもない。そこと本シリーズの点と点のつながり方は本当すごいなと思って興奮します。
サッシャ:確かに映画って9作通じて横軸は広がっていったんだけど、今度は奥行きというか縦軸というのが出てきた。
ハマ:立体感が出てきますよね。核には一つのお話がある。なにか問題がおきて、それにマンドー(主人公)がどう絡んでいくのか。そこに新しいキャラが出てきたり、新しい星や村に行ったり、本当に奥行きというか広がりが一話ごとに見える感じがします。映画だと危険があったらすぐに飛んで逃げちゃいますから。
サッシャ:時間取ってるとね、2時間終わっちゃいますからね。
ハマ:この星のこの感じとか、各々がもうちょっと観たかった部分がすごくふんだんにあります。だから、サブキャラというよりは、今まで描かれなかった部分の補完という感じ。
増井:細かな描写が増えてるんですね。
ハマ:そうです、そこがすごく好きですね。

「地味で広大な世界観がすごくいい」

シーズン2の配信が始まったばかりの『マンダロリアン』。今シーズンでハマが期待することとは。

サッシャ:シーズン1をこれからご覧いただく方がいらっしゃると思うんですけど、シーズン2が始まったというのはいいきっかけでもあると思うんです。シーズン2一話を観てどうですか?
ハマ:いや、すごくなかったですか!?
サッシャ:僕はスマートテレビで観てるので。ボタンを押して何度も戻しましたよ。「え、今のシーン何?」って。3か所あったな。
ハマ:ファンを虜にさせる演出はシーズン1にもたくさんありましたけど、そういう意味ではシーズン2の1話目はすごかったですね。
サッシャ:世界観がドーンと広がりません? シーズン1ではわりと奥行きを丁寧に描いていたのが、シーズン2になってまず1回風呂敷広げるみたいな。
ハマ:そうですね。シーズン1の最後に冒険活劇感が増したので、余計にその感じがありました。シーズン1でもずっと続いていた、地味っちゃ地味な世界観が広がっているのもすごくよくて。あんだけ広大な星の、あの限られたあそこのアレをやっつけるために、みんながいっぱい集まるあの感じ。これ以上言えないけど、あの地味な感じがすごい面白くて、起こることも全然派手じゃないじゃないですか。あの感じがこのドラマの魅力かなと思いましたね。2も引き続き、一つのところでみんなが頑張る感じになってますよ。
増井:映画シリーズの宇宙全体みたいなのはなく?
ハマ:ないんですよ。
増井:ここの星のここで。
ハマ:罠はるっていう。ああいう人たちが罠はるんだっていう感じとか。
サッシャ:シーズン2が終わったら感想会をやりたいと思っております。Web版は無限で、ラジオはいいところで切らなきゃですけど。ご参加いただけますでしょうか。
ハマ:ぜひぜひ。

J-WAVE公式YouTubeチャンネルでは、今回のトークのロングバージョンを公開中。オンエアしきれなかった部分も含めて、『スター・ウォーズ』コアファンの濃すぎるトークを楽しんでみては。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年11月12日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
毎週月曜~木曜
9:00-13:00
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン