音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】バンド・C Case「誰が聴いても衝撃を受けるような音楽をやりたい」

【注目の学生アーティスト】バンド・C Case「誰が聴いても衝撃を受けるような音楽をやりたい」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。9月28日(月)のオンエアでは、C Caseのギター・神崎蓮さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

誰が聴いても衝撃を受けるような音楽を

前回、polarbeerのイノウエさんが「ウエストコーストっぽい感じと、王道グランジ/オルタナを彷彿とさせるバンド」と紹介していたC Case。いつから活動しているのか、ギターの神崎さんに話を訊いた。

あっこゴリラ:(曲を聴いて)まさに『未成年青春実録』って感じのサウンドでいいですね~。C Caseは、いつから活動してるんですか?
神崎:2017年の12月頃に、ボーカルの誘いを受けて始めました。
あっこゴリラ:どんな音楽を聴いてきたんですか?
神崎:僕は、Dinosaur Jr.とかグランジを聴いて爆発しましたね。
あっこゴリラ:なるほどね~。いいよね!今、大学生ってことだけど、やっぱりまだリモート授業ですよね?
神崎:はい。
あっこゴリラ:じゃあ、今はバンド頑張ってる感じなのかな。練習したりとか。
神崎:そうですね。授業さぼって、ずっとやってます。あはははは。
あっこゴリラ:リモートだと、さぼっちゃうよね。あはははは。C Caseとしては、どんなことやっていきたいですか?
神崎:誰が聴いても衝撃を受けるような、ボコボコにする音楽をやっていきたいです。
あっこゴリラ:あはははは。素直でめっちゃいいと思います。

とにかくロック! 聴くと走りたくなる

そんな、神崎さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「pinfu」。

あっこゴリラ:どんなところがおすすめですか?
神崎:はじめはTwitterで見かけたんですけど、もうロックですね。走りたくなります。
あっこゴリラ:いいね~!

次回は、pinfuのメンバーにおすすめアーティストを紹介してもらう。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年10月5日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン