音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】二度おいしい、いいとこ取りの4人組バンド・polarbeer

【注目の学生アーティスト】二度おいしい、いいとこ取りの4人組バンド・polarbeer

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日は、週替わりでナビゲーターが登場。この週は、andropの内澤崇仁と佐藤拓也が担当。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。9月24日(木)のオンエアでは、polarbeerのイノウエカズキさんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

バンド名の由来は、スピッツの楽曲『シロクマ』のMV

前回、トワハルズの吉田さんが「二度おいしい、いいとこ取りのバンド」と紹介していたpolarbeer。ギター/ボーカル、リードギター、ベース、ドラムからなる4人組バンド。まずは、バンド名の由来をメンバーのイノウエさんに訊いた。

内澤:「polarbeer」というバンド名の由来はなんですか?
イノウエ:スピッツ『シロクマ』という曲のMVで、シロクマ(polarbear)がビール(beer)飲むシーンがあって、そこから着想を得てpolarbeerと付けました。
佐藤:どんな音楽に影響受けてるんですか?
イノウエ:ブリットポップやオルタナティブロック全般ですね。
佐藤:確かに! 感じるものがありました。
内澤:ブリットポップとかって、多分俺らが聴いてた世代だけど、イノウエくんの世代はどういう風にそこに辿り着いたんですか?
イノウエ:最初にバンドを好きになったきっかけが、アレキサンドロスさんで、それでボーカルの川上さんのルーツを探ってたら、オアシスにいって、そこからですね。
佐藤:なるほど~。アレキサンドロスからオアシスなんだね。曲作りはどんな風にしてるんですか?
イノウエ:ほとんど僕がデモ音源を作って、それをスタジオでメンバーが手直ししながら完成させます。
内澤:それは全パート?
イノウエ:そうですね。基本的に全パート作っちゃいますね。
内澤:他のアーティストに「ここは負けない!」っていう強みはありますか?
イノウエ:全員、酒が強いです(笑)。
佐藤:あはははは。名前がpolarbeerだもんね。なんか安心した。
内澤:最後にpolarbeerから何かお知らせはありますか?
イノウエ:10月2日(金)に、新宿「ナインスパイス」で久しぶりにライブをするのでよろしくお願いします。あと、近いうちサウンドクラウドにデモ音源を載せるので、ぜひチェックして下さい!

ウエストコーストっぽさと王道グランジを彷彿とさせるバンド

そんな、イノウエさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「C Case」。

内澤:どんな魅力を持ったバンドですか?
イノウエ:フィドラーやベイブズとかのウエストコーストっぽい感じと、ペイブメントやニルヴァーナの王道グランジ、オルタナを彷彿とさせるバンドです。
佐藤:へえ~! 楽しみですね。

次回は、C Caseのメンバーにおすすめアーティストを紹介してもらう。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年9月24日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。