音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】ユニット・tiny baby、「ルーツは70年代のAORや90年代の渋谷系」

【注目の学生アーティスト】ユニット・tiny baby、「ルーツは70年代のAORや90年代の渋谷系」

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。5月25日(月)のオンエアでは、tiny babyの星 銀乃丈さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。


■ルーツは、70年代のAORや90年代の渋谷系

前回、トラックメイカーの南雲ゆうきさんが「曲がお洒落で、音がすごく心地いい」と紹介していたtiny baby(タイニーベイビー)。主に作詞作曲を担当する星 銀乃丈さんと、シンガーのACOさんによるユニットである。まずは、いつ頃から曲作りを始めたのか、メンバーの星さんに話を訊いた。

あっこゴリラ:星さんは、どんな感じで曲作りを始めたんですか?
:純粋に昔から音楽が好きで、中学くらいの時からDTMで少しずつ曲を作り始めました。
あっこゴリラ:tiny babyは、どんな活動されてるんですか?
:70年代のAORや90年代の渋谷系が好きなユニットなので、それらを現代的ポップスに解釈し、音源へと昇華させる活動をしています。
あっこゴリラ:メンバーのACOさんとは、何かきっかけで知り合ったの?
:3、4年くらい前にインターネットで彼女の曲を聴いて、才能溢れる方だなと思い、こちらから制作の話を持ち掛けたのがきっかけです。
あっこゴリラ:このコーナーでAORに影響受けたって初めて聞いたかもしれないです。でもまさかだった! 音楽聞いた感じだとそんな感じがあんまりしなかったから、そういう所にルーツがあったんだ、って思いました。すごい良いと思う。
:ありがとうございます。
あっこゴリラ:最後に、tiny babyから何かお知らせはありますか?
:来月、新しいシングルが出ますので、YouTubeとかTwitterを覗いて頂けたら嬉しいです。


■ユニットとはまた違う魅力がある、シンガー・ACO

そんな、星さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「ACO」さん。

あっこゴリラ:一緒にユニットやってるACOさんは、ソロ活動もしてるんだね。
:はい。
あっこゴリラ:ソロでは、またどんな音楽性なのか知りたいよね。
:tiny babyとはまた違うので、是非楽しんで聴いて頂きたいです。

次回は、ACOさんにおすすめアーティストを紹介してもらう。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン