音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
岡山天音「MVがとってもシュール」 何かをしながら聴ける心地よい1曲とは

岡山天音

岡山天音「MVがとってもシュール」 何かをしながら聴ける心地よい1曲とは

J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~ TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」。3月13日(金)のオンエアでは、公開中の映画『踊ってミタ』に出演する俳優の岡山天音が登場。リスナーにシェアしたい洋楽ナンバーを紹介した。


■何かをしながら聴ける心地よい楽曲

岡山がリスナーとシェアしたい曲は、MAX & Felly『Acid Dreams』。2019年7月に発表された楽曲だ。

岡山:僕が今、リスナーのみなさんとシェアしたい曲は、MAX & Fellyの『Acid Dreams』です。YouTubeのおすすめ動画みたいな欄に出てきて、まずミュージックビデオがとても印象的なんです。とってもシュールで、MAXさんとFellyさんも登場しますし、ほかにも個性豊かないろんな人が出てきます。ある女性のモデルさんを絵でデッサンしてるのかな(笑)。いまだに僕もよく分からず観てるんですけど、そういうので一気に惹きつけられました。ほかにも、音楽が始まったら、MAXさんの歌声がとても心地良くて。本を読んだり、それこそ台本を読んだり、考えごとをしたり、何かをしてるときに聴いてますね。



MAXの本名は、Max Schneider。米ニューヨーク出身、現在27歳のシンガーソングライターだ。Fellyの本名は、Christian Felner。米コネチカット州出身、現在24歳のラッパー/シンガー。『Acid Dreams』は岡山が述べたように、何かをしながらでも聴ける、心地良い楽曲に仕上がっている。


■観終わった後、勇気をもらえる作品

岡山は、現在公開中の映画『踊ってミタ』に出演中。同作は、日本で生まれたインターネットカルチャーの「踊ってみた」「ボカロ」「Vtuber」などを題材にした映画。町おこしのため、つながりの薄かった人間たちが「踊ってみた」を通じて 触れあい、一歩踏み出し、生きる活力や 絆を取り戻していく姿を描く、地方再生型ヒューマン・ダンスムービーだ。岡山は、東京でトップクリエイターなる夢に破れた青年・三田を演じている。

岡山:現在公開中の映画『踊ってミタ』で、三田という役を演じています。挫折して東京から戻ってきて、地元で働いてるんですけど、町長から町おこしのために観光PR動画を撮れということで、インターネットカルチャーの「踊ってみた」っていうものを題材にすることになります。いろんなとこから集まってきた、個性豊かな人たちの群像劇になっています。いろんなものを抱えてる人たちが登場するので、映画を観てくださるみなさんの置かれてる状況みたいなものが何かしら重なって、映画を観終わった後、一歩、今までは踏み越えられなかった一線を勇気を持って踏み越えるきっかけになってくれる作品なんじゃないかなと思っています。

映画『踊ってミタ』は、新宿「シネマカリテ」ほかで公開中。


映画『踊ってミタ』公式サイト:https://odottemita-movie.jp/intro.html

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年2月29日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『~JK RADIO~TOKYO UNITED』
放送日時:毎週金曜 6時-11時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン