音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
映画『ダウントン・アビー』と、日本の芸能界で通ずるポイントは? 清水ミチコ×ハリー杉山が語らう

© 2019 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ダウントン・アビー』と、日本の芸能界で通ずるポイントは? 清水ミチコ×ハリー杉山が語らう

世界200以上の国と地域で大ヒットした英人気テレビシリーズ『ダウントン・アビー』。多くのファンに惜しまれながら、2015年にシーズン6をもって放送を終えた同シリーズが待望の映画化を果たした。2020年1月10日(金)より全国ロードショーとなる。

J-WAVEでは、公開を目前に控えた1月5日(日)、映画『ダウントン・アビー』の世界を楽しむ特別番組『J-WAVE SELECTION THE WORLD OF DOWNTON ABBEY』(ナビゲーター:ハリー杉山)をオンエア。同シリーズのファンだという清水ミチコ、デーブ・スペクターをゲストに迎え、映画『ダウントン・アビー』の魅力に迫った。ここでは清水のトークを紹介しよう。


■『ダウントン・アビー』とは?

『ダウントン・アビー』は、2010年9月の放送開始から2015年まで、6シーズン全52エピソードが制作された英テレビシリーズ。20世紀初頭、イングランド郊外にたたずむ大邸宅“ダウントン・アビー”を舞台に、貴族グランサム伯爵一家の内情を、センセーショナルかつ当時の社会背景を盛り込みながら描く。イギリスの演技派俳優らによって繰り広げられる上流階級と使用人たちの愛憎劇に加え、実在の古城でも撮影されるなど、当時を忠実に再現した豪華衣装や美術で、英国王室や海外セレブなど多くを魅了。ゴールデングローブ賞やエミー賞など、数々の賞にも輝いた。

まもなく公開を迎える映画『ダウントン・アビー』の舞台は、テレビシリーズ最終回から2年後の1927年。ダウントン・アビーに国王夫妻の訪問が告げられるところから物語がはじまる。ロイヤルファミリーご来臨というイベントとともに、ロマンス、スキャンダル、陰謀が絡まりあう、深みのある人間ドラマが再び描かれる。シリーズ生みの親である脚本家ジュリアン・フェローズはじめ、ヒュー・ボネヴィル(当主ロバート)やマギー・スミス(先代伯爵夫人バイオレット)ら主要キャストが再集結。2019年9月20日に全米公開され、初登場1位を獲得した注目作。

映画『ダウントン・アビー』予告編


■煌びやかな世界に溢れる人間らしさ

自らもダウントニアン(『ダウントン・アビー』ファンの総称)と述べるハリーは、本作の魅力を「愛、憎しみ、優しさ、裏切りに溢れる喜怒哀楽のローラーコースター」と表現。同じくダウントニアンだという清水も、「コスチュームやインテリアなど、日本では全然見たことがないものばかりで魅了された。加えて、人間的なものがすべて入っている」と、煌びやかな世界に溢れる人間らしさに惹かれたという。

清水:マギー・スミスさん演じたバイオレットさんがすごく好きで、いかにも矍鑠(かくしゃく)としている感じがすごい好きでしたね。気高い演技をしているとは思うんですけど、ご本人もそういう方なんだと思います。
ハリー:バイオレットさんの名言がありますよね。
清水:さりげない一言だけど、「私を誰だと思ってるの?」だとか、なかなか言える人いないよね。「貴族に不幸な結婚なんてないのよ」というのもあって、一生に一回言ってみたい。
ハリー:雑誌のインタビューでも、本作を「現実逃避ができる非日常感そのもの」と表現されていましたよね。
清水:まさに王宮にいるような気にもなれるし、働いている人の気持ちにもなれたりしますね。
ハリー:上の世界と下の世界の違いがね。
清水:「どっちも頑張れ」って気持ちになるしね。
ハリー:シーズンのはじめは嫌われ者だったトーマスが、少しずついい奴になっていくんです。彼はゲイで、1900年代初頭はそれがタブーだったなかで生まれるドラマもあって。LGBTQに関してオープンになった今でさえ、世界のいろんな国で、本作で描かれるようなことがあるわけじゃないですか。現代ともつながるポイントがたくさん出てくるし、感情移入できる入り口が随所にあるんじゃないかなと思います。

映画『ダウントン・アビー』© Universal Pictures

清水によると、『ダウントン・アビー』は芸能界ともつながるポイントがあるそうだ。

ハリー:『ダウントン・アビー』で芸能界ともつながるポイントってあったりしますか?
清水:あるかもしれないね。やっぱり上の者を立てなきゃっていうのがあるから、皮肉な言い方になったりギクシャクしたり。パワーバランスがね。
ハリー:例えば、執事の手前の手前の手前だったら、どの執事と一緒に前を向こうとするのか。人によって誰が自分の大師匠なのか、あるじゃないですか。僕だったらJ-WAVEナビゲーターとして、「僕はジョン・カビラさん、ついていきまーす!」みたいになるとか。実際にそうだったんですよ。バイトの履歴書に「第二のジョン・カビラ目指してます」って書いてたんです。それとも、低音響かせてクリス・ペプラーさんを目指すのか、やっぱりLiLiCoさんなのか、いろいろあるじゃないですか(笑)。例えがマニアックすぎますね(笑)。


■美しいファッションにも注目

当時を忠実に再現した映画『ダウントン・アビー』では、ファッションやジュエリーはもちろん、所作にも強いこだわりが散りばめられている。

清水:ファッションでいうと、去年とか10年くらい前のものってすごくダサく感じるじゃないですか。80年代は70年代を笑うし、90年代は80年代を笑うし……でも、20年代って絶対に古くならないっていうか。ずーっとおしゃれ。
ハリー:日本におけるアールデコの文化は、皇室を通して少しずつ上から浸透していったと思うんです。アールデコ風の人をみると、10年前であっても今であってもおしゃれ。クラシックな品格に溢れながら、遊びも取り入れている。
清水:この映画を観たとき、一連の長いパールのネックレスを「買おう!」って思った(笑)。一回つけられる女になりたいと思って(笑)。
ハリー:いつか『ダウントン・アビー』ごっこをしたいんですよ。
清水:大丈夫ですか(笑)? 一人じゃできないから気を付けて!
ハリー:憧れがあって。トーマスもそうですし、みんなオールバックやタキシードが似合う。細かく言うと、シャツの着方とか。
清水:品格がないとできないからね。スプーンの持ち方とか、やっぱり勉強になる。お辞儀の仕方があって、立って右足だけを後ろにしてお辞儀をするわけ。これもイギリス独特なの?
ハリー:国によって微妙にルールが変わってきたりします。『ダウントン・アビー』は、当時のマナーが徹底されていますね。現場にはマナー講師の方々がめちゃくちゃいるそうです。
清水:大河ドラマみたいなもんだよね。方言がちょっと違うとか、あるんだよね?
ハリー:イギリスって、山を越えたらアクセントがすぐ変わったりするんですよ。例えば、自分が話す英語から開口一番育ちや出身地がバレてしまったり。『ダウントン・アビー』でも、初対面のシーンでアクセントがバレた瞬間に目つきが変わったり、カメラの撮り方も変わったりするんです。
清水:そんな細やかなところがあるんだね。

『ダウントン・アビー』でみられるアールデコのファッションは、ウエストを強調しない、ストンと直線的なドレスが特徴。ハリーは、「シンプルでありながらも美しく輝く、劇中に散りばめられたファッションの美しさを感じてほしい」と熱く語った。

映画『ダウントン・アビー』© Universal Pictures

最後に清水は、映画『ダウントン・アビー』について「テレビシリーズを観ていなくても楽しめます」と太鼓判を押す。「おしゃれして、憧れの長いネックレスをつけて映画を楽しんでほしい」とリスナーに向けておすすめした。

映画『ダウントン・アビー』は、1月10日(金)全国ロードショー。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月11日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE SELECTION THE WORLD OF DOWNTON ABBEY』
放送日時:2020年1月5日(日) 22時-22時54分
ナビゲーター:ハリー杉山 オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/2020/01/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン