音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】Bye-Bye-Handの方程式「“決めないことが決まり”、色んなことをするのが僕たちらしさ」

【注目の学生アーティスト】Bye-Bye-Handの方程式「“決めないことが決まり”、色んなことをするのが僕たちらしさ」

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、現役大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。11月26日(火)のオンエアでは、Bye-Bye-Handの方程式のボーカル・潮田泰輝さんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。


■アルバムごとに曲単位でルーツが変わる

Re:nameのヤマケンさんが、「かなり特徴的な音楽性をしている」と紹介していたバンド・Bye-Bye-Handの方程式。曲を聴いたあっこゴリラも「なんかすごく懐かしい。この次世代で、こんな懐かしい感じを出せるバンドがいるんですね」とコメント。そんなBye-Bye-Handの方程式のボーカル、潮田さんに話を訊いてみた。



あっこゴリラ:Bye-Bye-Handの方程式は、結成してどのくらいですか?
潮田:高1からやってるんで、今年で5年目になります。
あっこゴリラ:おお~! けっこうやってるんですね。どんな音楽に影響受けました?
潮田:自分的には、聴いてる音楽は常に変わってる感じで、今は、日本の80年代の曲をいっぱい聴いてますね。
あっこゴリラ:そうなんだ~。今回番組でオンエアしたこの『ロックンロール・スーパーノヴァ』は、ドストレートな青春パンクだよね。GOING STEADYとか ガガガSPを彷彿とするような。でも、がっつりそこがルーツなわけじゃないんですね。
潮田:そうですね。毎回、アルバムごとに曲単位でルーツが変わっているような感じですね。
あっこゴリラ:じゃあ、バンドとして「こういうサウンドだよ」っていう決まりはないんだね。
潮田:決めないことが決まりって感じですかね。色んなことをするのが、僕たちらしさというか、強みとしてやっています。

今後、どんなバンドになっていきたいか訊いてみた。

あっこゴリラ:今後、「こんな風になっていきたい」とかありますか?
潮田:作るものは、色んなものの混ぜ合わせだと思っていて、自分が昔から好きなものと、今、好きなものでやりたいなとずっと思いながら、曲書いたり、作ったりしています。
あっこゴリラ:なんか面白いのが、1曲の中に色んなジャンルをミックスさせるんではなくて、1曲1曲ごと、そのジャンルで成立させて、アルバムの中でバラけさせるっていう手法なんだね。面白いですよね。
潮田:そうですね。


■私生活を見てるが故に、かっこ良くないところがかっこ良い

そんな、潮田さんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「anica」。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
潮田:もともとは高校のときで、僕たちは、大阪の豊中ってとこが地元なんですけど、anicaは大阪・高槻出身で、お互いのライブハウスが仲良くて知り合ったのがきっかけですね。
あっこゴリラ:どんなところが好きですか?
潮田:ボーカルの勝部くんとすごく仲が良くて、そいつの私生活を見てるが故に、弱さとかもたくさん知ってるんで、それで曲を聴くと、らしくて、かっこ良くないところがかっこ良いみたいなところがありますね。
あっこゴリラ:友達ってそうなるよね。「あっ、あのことだ」みたいなね。
潮田:そうなんですよ。そういう楽しさもありますね。



【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン