音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
伊藤千晃、活動を再開して…変化した「悩み」とは

伊藤千晃、活動を再開して…変化した「悩み」とは

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。11月16日(土)のオンエアでは、伊藤千晃がゲストに登場。ファーストアルバム『Be』の制作秘話を明かした。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月23日28時59分まで)


■ファーストアルバム『Be』が発売

伊藤は2018年9月からソロ・アーティストとして活動を再開。2019年11月6日に、待望のファーストアルバム『Be』をリリースした。アルバム制作に込めた思いを、伊藤が語った。

伊藤:音楽活動を再開するにあたり、「子育てと両立できるかな?」なんて悩んでいた期間もありました。だけどこうして活動できているのは、ありがたいなって思えるようになりました。そして同時に、もっと音楽の追求がしたくなりまして。いろんな表現や音楽をやりたくなってくると、今度はそれに悩むようになったんですね。ありがたい悩みなんですけどね(笑)。アルバムの制作に関しても、いろんな挑戦をすることができたので、嬉しかったですね。


■ナオト・インティライミと共同制作した楽曲『Wa・Ta・Shi』

アルバム『Be』に収録された『Wa・Ta・Shi』は、10年来の友人だというナオト・インティライミと共同制作した楽曲だという。

伊藤:楽曲の制作を依頼したときは「いいよ、やろうよ!」と言ってくださって。太陽のような人です(笑)。
マリエ:楽曲のテーマは決めていたんですか?
伊藤:こういう曲が歌いたいっていうコンセプトはあったんですけど、「それじゃつまらない」と、バッサリ言われました(笑)。「千晃が曲を作るんなら、自分自身を曲にしなきゃ意味がない」と言われて。そうした経緯で生まれた曲が『Wa・Ta・Shi』なんですよ。
マリエ:自分自身のことを曲にするのは、恥ずかしかったですか?
伊藤:まさしく恥ずかしかったです! でも、ナオト・インティライミさんが「千晃を引っ張り出すよ」と言ってくれて。そうやって曲になりました。

ファーストアルバム『Be』は好評発売中。「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」では、「明日を美しくする」ためのヒントやきっかけを、ゲストとの対話で探っていく。オンエアは13時30分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 14時10分-14時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン