音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】5人組バンド・Chapmans、野望は「日本の音楽の顔になること」

【注目の学生アーティスト】5人組バンド・Chapmans、野望は「日本の音楽の顔になること」

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。10月2日(水)のオンエアでは、Chapmanのキーボード・NAKADAIさんに話を訊くとともに、大学生・専門アーティストを紹介してもらった。


■野望は、日本の音楽の顔になること

【前回の記事】現役女子大生アコースティックデュオ・シオン

シオンのひぃさんが「めっちゃかっこいい激押しのバンド」と紹介していた5人組バンド・Chapman。去年の8月から活動しているという。以前も「SONAR TO THE NEXT」のコーナーに出演し、今回2度目の登場だ。

あっこゴリラ:音楽を始めたきっかけは何ですか?
NAKADAI:自分は4歳からクラシックやっていて、バンドとしては「もう1回やりたいことやろうぜ」ってなって大学卒業したくらいのタイミングで集まって......、あっ、僕は大学生なんですけど。
あっこゴリラ:なるほどね~。曲作りはどんな風にやってますか?
NAKADAI:主に僕がトラックを作って、ボーカルに投げて、それでボーカルが一から組んだものをアレンジしたりしてって感じですね。
あっこゴリラ:どんな音楽に影響受けたんですか?
NAKADAI:最初は、クラシックやってたのでショパンですね。
あっこゴリラ:ショパンって、「SONAR TO THE NEXT」で初めて出たワードだね。あはははは。あっ、でもドビュッシーはいたわ。
NAKADAI:かっけー! その後、ビリー・ジョエルにハマって、18歳くらいでceroにハマって、ceroのルーツでディアンジェロとかブラックミュージックにのめり込んでいきました。




そんなChapmanのNAKADAIさんに、今後の目標を訊いた。

あっこゴリラ:Chapmanとしては、今後こうなっていきたいとかありますか?
NAKADAI:僕の野望は、例えば外人に「日本の流行って誰なの? 」って聞かれたらChapmanって出てくるような、日本の音楽の顔になりたいなって。



■グルーヴ感と完成度、魅力的なボーカルに注目

そんな、NAKADAIさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「E.scene」。

あっこゴリラ:どこで知り合ったんですか?
NAKADAI:この前の「出れんの!?サマソニ!? 2019」の最終選考で、一緒に残っていたバンドで、そういう経緯で知り合いました。
あっこゴリラ:どんなところが好きですか?
NAKADAI:年齢は関係ないかもしれないけど、でもあの若さで、あのグルーヴ感と完成度、あと魅力的なボーカルですね。楽曲も素敵です。


次回は、E.sceneのメンバーに話を訊くとともに、おすすめアーティストを紹介してもらう。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。