音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
EXILE、活動を始めた頃の「メイク」に関する微笑ましい話…AKIRAが明かす

EXILE、活動を始めた頃の「メイク」に関する微笑ましい話…AKIRAが明かす

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「RICE FORCE BE YOURSELF」。1月19日(土)のオンエアでは、EXILEのAKIRAさんが登場。趣味の話やスキンケアについて語りました。


■唯一の趣味は…

まずは、多忙な日々の中で楽しみにしていることを訊きました。

AKIRA:趣味はあまりないほうで、唯一の趣味はTSUTAYAでレンタルして映画を観ることです。意外とアナログなんですよ(笑)。Apple TVとかもあるんですけど、すぐパスワードを忘れちゃって、いつもTSUTAYAに借りに行ってます。幅広くいろいろと観ていますけど、岩ちゃん(岩田剛典)が主演した『去年の冬、きみと別れ』は、レンタルのランキングに入ってるのを見て、つい借りちゃいました。

さらに、メンバーへの愛を感じるこんな発言も……。

AKIRA:ケンチ(橘ケンチ)は、全国を渡り歩いて日本酒を造ったり、TETSUYAは「AMAZING COFFEE」をプロデュースして、ファンのみなさんを盛り上げたりしています。パフォーマンスやヴォーカル以外でも盛り上げるメンバーが多いので、自分の楽しみというよりは、メンバーがいろいろなものをクリエイティブにやっていることでワクワクしたり、自分も可能性を追求できたりして、そういう楽しみがあるのかもしれませんね。


■みんなで「とれないなあ」

そんなAKIRAさんに、スキンケアにまつわる話を伺ったところ、貴重なエピソードが飛び出しました。

AKIRA:10代とか20代の頃とは全然違うわけなので、スキンケアしますよ。EXILEになってから、表に出るからメイクをするけど、僕たちはもともと、そういう畑で育ってるわけではないので、メイクをしても落とし方がわからないんです。だから、最初の何年かは石鹸で洗ってました。それで「石鹸じゃメイクはとれないんだ」って気づきました。その積み重ねが肌に現れたらまずいと思って、最近はしっかりと保湿やお手入れをするようになりました。EXILEの活動を始めた頃は、石鹸で洗って「とれないなぁ」って、みんなで言っていた思い出があります。

EXILE AKIRA

AKIRAさんが出演している映画『この道』が現在、公開中です。童謡誕生100周年を記念して製作された映画で、北原白秋の波乱に満ちた半生を、山田耕筰との友情とともに描いたヒューマンドラマです。

自由奔放な天才詩人・北原白秋を大森南朋さん、日本初の交響楽団を結成した生真面目な秀才音楽家・山田耕筰をAKIRAさんがそれぞれ演じています。性格も生き方も異なるふたりが、関東大震災の被害で意気消沈する子どもたちを元気づけるために、数々の童謡を世に送り出す様が描かれています。ぜひ劇場に足を運んでみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン