音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ユニコーン、演奏中に「曲が違う!?」

Photo by Tsukasa Miyoshi(Showcase)

ユニコーン、演奏中に「曲が違う!?」

J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは22日に出演した、ユニコーンのライブの模様をお届けします!

SEをバックに、揃いのツナギ姿で登場したユニコーンは「服部」で勢い良くスタート。「服部」のコール&レスポンスもあり、会場中が縦ノリで床を揺らしていました。

2曲目の「すばやくなりたい」では、ドラムを担当する川西幸一の超絶な演奏に観客が酔いしれ、続く「ひまわり」では、まさにひまわりを彷彿とさせるような黄色の照明に照らされ、奥田民生が力強く演奏し、歌い上げました。ここで民生が「ユニコーンです。よろしくお願いします!」と挨拶。客席からは民生ほか、メンバーの名前を叫ぶ声が飛ぶ中、民生は「はい、次(笑)」と急かし、手島いさむが歌う「オーレオーレパラダイス」へ。歌謡曲調ということもあり、途中で手島が演歌歌手のような動きで笑いを誘う場面も。間奏では民生とABEDONで、ツインギターソロも披露。曲が終わると歌いきった手島の顔に「やりきった!」と言わんばかりの笑みがこぼれました。

続いて、民生がベースのEBIを紹介して「BLACKTIGER」へ、さらにABEDONの「SAMURAI 5」へ移り…エネルギッシュに歌うABEDONでしたが、なぜか途中で曲が変わって「かきまZ!」へ。ABEDONは「違う! 曲が違う!」 と猛抗議。さらに、よく見ると一人だけツナギの襟の大きさも違っていて、「襟も違う!」と、観客を沸かせます。

さらに民生が「この曲、知ってるかー!?」の一言で演奏が始まったのは「大迷惑」。歌い出しで民生がお客さんにマイクを向けるものの、声がイマイチ小さかったようで、「歌えよ!」と苦笑い。それでも会場の興奮は収まるところを知らず、最後まで疾走したユニコーン。メンバーそれぞれがお客さんに大きく手を振りながら、ステージを後にしました。

1.服部
2.すばやくなりたい
3.ひまわり
4.オーレオーレパラダイス
5.BLACKTIGER
6.SAMURAI 5
7.かきまZ!
8.大迷惑
9.開店休業

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時~21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 \9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の1時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
https://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン