音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ロバート・パティンソンに福山潤がドキッと…地元・福山市が世界初のゴッサム・シティ友好都市に

ロバート・パティンソンに福山潤がドキッと…地元・福山市が世界初のゴッサム・シティ友好都市に

声優の福山潤が21日、都内で行われた『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(3月11日全国公開)ゴッサム・シティ×広島県福山市の友好都市提携調印式に参加した。



市名誕誕生のきっかけが“蝙蝠”であり、蝙蝠と山をかたどった現在の市章が『バットマン』のシンボルマークに似ていることから、今回の友好都市提携が実現。DCが正式に認めた世界初のゴッサム・シティ友好都市として福山市が選ばれた。

同市出身の福山は、福山城築城400年に向けて城の魅力を発信する「応援サポーター」としても活躍中。この日は、ワーナーブラザースジャパン合同会社の土合明宏氏と枝広直幹福山市長による調印式を見届け、「驚くと共に喜ばしいこと」と世界初の友好都市提携に感激していた。

DSC_2199.JPG

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』では、バットマンになって2年目の若き青年ブルースの前に、史上最狂の知能犯リドラーが立ちはだかる。『バットマン』シリーズのファンという福山は「バットマンが映画として戻って来るということで、ネットで撮影の状況を調べたり、ロバート・パティンソンが新たなバットマンをどのように演じるのか、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』を観るのを楽しみにしています」と『ダークナイト』トリロジー以来となるバットマンの単独映画に期待を込めた。

DSC_2191.JPG

そんな新バットマンことロバート・パティンソンらメインキャストから友好都市提携を喜ぶコメント映像が流れると「キャストの方が“福山”と口にしてくれて……。自分の名前も“福山”なのでドキッとしました」とスターからの“福山”発言に喜色満面。

DSC_2188.JPG

調印式参加には「このような世界的な友好都市提携の場に同席させていただき、関りを持つことができて光栄の極みです」と喜びを噛みしめて「バットマンが見ているかもしれない福山市の美しい景色を生の目で見てほしい」と福山市の聖地化に意気込んでいた。

(取材=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事