音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
松井玲奈「経験したことのない感情に」 妹の死、冴えない日々を送る姉は…家族を“目撃”する映画

松井玲奈「経験したことのない感情に」 妹の死、冴えない日々を送る姉は…家族を“目撃”する映画

映画『幕が下りたら会いましょう』(11月26日公開)の完成披露上映会が11月9日、都内映画館で行われ、主演の松井玲奈、共演の筧美和子、しゅはまはるみ、そして前田聖来監督が出席した。

maku-2111096.jpg

冴えない日々を送る売れない劇作家に、1本の電話が妹の死を告げた。過去と現実、様々な出会いと再会の”揺らぎ”の中で見つけたものとは? 実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの「劇団50%」を主宰している麻奈美(松井玲奈)。劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎをしていたある夜、妹の尚(筧美和子)が資材置場で亡くなった。その日、尚からの着信があったにもかかわらず電話に出なかった麻奈美は、複雑な思いを抱えてしまう。母親・京子(しゅはまはるみ)との新たな確執が生まれる中、劇団仲間の早苗(日高七海)と妹の部屋を引き払いに東京へ。麻奈美は、様々な人々との出会いと再会を経て、自分自身と向かい合っていく事になる。
maku-2111095.jpg
maku-2111092.jpg
映画の内容にちなんで「もう一度再会したい人」を聞かれた筧は「さまぁ~ずさん。芸能界の父だと思っています。最近は会えなくて、会いたいなとずっと思いながらさまぁ~ずさんの番組を毎晩見ています。良くないときは叱ってくれるし、私の実家の天ぷら屋さんにもゴハンを食べに来てくれた。私の親にも会ってくれて親しくさせてもらっています」とさまぁ~ずとの交流を告白。
maku-2111091.jpg
さらに「戻りたい夜」については「私は昨日に戻りたい! 人生で最大くらいのいい眠りができたから。帰ってお風呂に入ってビールを飲んで21時くらいに布団入った。13時間くらい寝たら気持ちが良くて楽しい夢も見ることができました!」と無邪気に報告した。
maku-2111097.jpg
実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの「劇団50%」を主宰している主人公・麻奈美役の松井。「単独映画初主演というプレッシャーも大きかったけれど、私の映画初主演がどうのではなくて、観客の皆さんに麻奈美の家族の話を目撃しているような感じを与えることができたら嬉しい。演じる上では感情を抑えるのが難しくて戸惑ったけれど、感情を抑えることで溢れ出す瞬間もあり、経験したことのない感情と感覚に陥りました」と撮影を回想。

【関連記事】松井玲奈が「一生の思い出に残った曲」を語る! 大好きなザ・ビートルズの…

麻奈美の妹で突然死する尚役の筧は「今の松井さんのお話を聞いて、松井さんに抱きしめられるシーンで鳥肌が立ったことを思い出しました。そのときにブワッと麻奈美の感情が伝わってきました」と松井の思いを受け取ったという。それに松井は「筧さんとの撮影では“やっと会えた!”みたいな気持ちでそのシーンに臨んだので、触れることができて嬉しい瞬間ではありました。でも恥ずかしい」と照れていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事