音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ぼくのりりっくのぼうよみ時代には、できなかったことを。バンド・Diosの感覚を語る

ぼくのりりっくのぼうよみ時代には、できなかったことを。バンド・Diosの感覚を語る

Diosのたなか(Vo)、Ichika Nito(Gt)が、結成の経緯を明かすとともに、ミュージックビデオ撮影前の携帯の秘蔵写真を公開した。

2人が登場したのは、J-WAVEで放送中の『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ、ノイハウス萌菜)。放送日は8月19日(木)。Diosは新曲『劇場』を8月18日に配信リリースした。

Dios結成の経緯

Diosは元・ぼくのりりっくのぼうよみのたなか、ギターのIchika Nito、シンガーソングライターのササノマリイによる3人組。結成の経緯について語った。

たなか:もともと、僕はササノとぼくりりのときに一緒に曲を作っていたんです。それとは全然別の流れでIchikaとバンドをやって、一緒に好きなアニソンをカバーするみたいな趣味の……。
サッシャ:え!? アニソンだったんですか?
たなか:そうなんですよ。
Ichika:やったねえ。
たなか:そこから「バンドをやってみようか」みたいな話になって、アレンジとかできるササノを入れてみた、みたいな流れで3人になりました。
サッシャ:Ichikaさん、なんのアニソンだったんですか?
Ichika:『God knows...』という『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌や、『君の知らない物語』(アニメ『化物語』EDテーマ)など「みんなが知ってそうなアニソンをやっていこうぜ」という感じで、たなかが歌って僕がギター弾いて。そこから気が付いたら一緒にバンドをやっていたという感じですね。
サッシャ:アニソンカバーバンドにはならなかったのね(笑)。
ノイハウス:ちなみにDiosという名前はどのように考えたんですか?
たなか:僕がつけました。
ノイハウス:なにか背景があるんですか?
たなか:ギリシア神話に出てくるディオニソス神というのがいるんですが、それがすごく好きで。お酒とか豊作、陶酔をつかさどる神様なんです。そういう感じを出していきたいなみたいな。
サッシャ:音楽として豊作で陶酔できるような。
たなか:そんな感じです。

「自分自身と音楽のあいだに1個Diosがはさまっている感じ」

8月18日にリリースされたDiosの『劇場』はLINE NEWS VISIONの2周年記念ドラマ『上下関係』の主題歌となっている。

ノイハウス:どのように制作をされたんでしょうか。
たなか:いつもIchikaが先か、ササノが先かという流れで曲を作っているんですが、今回はササノがもともとのトラックを作って、その上にIchikaがギターを弾いて僕が歌詞を書く流れで作りました。
ノイハウス:通常も音楽が先で、そのあとに歌詞という感じなんですか?
たなか:基本的にはそうです。

タイアップは曲が完成してから決まったそうだが、どのような思いでこの曲を作り上げたのだろうか?

たなか:音楽家として自分で「ぼくのりりっくのぼうよみ」というのを1回終わらせてDiosとしてまたやっていくぞとなったときに、ステージに上がることのいいことと悪いことってどうしてもあるじゃないですか。
サッシャ:両方を経験したと。
たなか:それをわかった上でもう1回、1人のときはできなかったことをもう2人強いのを連れてきて頑張るぞ、みたいな(笑)。そんな気持ちを恋愛のメタファーに乗っけて歌っているみたいな感じですかね。
サッシャ:逆に1人じゃできないことというのはなんですか?
たなか:意思があまり強くないほうなので。自分の名前がまるっと“舟”になっちゃうのが、バランス感覚が難しいみたいなところがありました。Diosって僕の一部でもあるんですが、Diosにとっても僕はただの一部でしかなくて。そういう意味で気楽というか、自分自身と音楽のあいだに1個Diosがはさまっている感じです。
サッシャ:自分の名前で出ない分、楽なところもあるということですね。
たなか:そこが純粋に音楽をやれて楽しいなと。

ミュージックビデオ撮影前の1枚

この日の「MUSIC+1」は木曜日恒例企画「あなたのケータイに入っている写真を見せて」。ゲストの携帯のフォルダから、SNSにアップしていない写真を1枚ゆずってもらい、番組SNSで紹介するという企画だ。 ノイハウス:これは電車に乗っているDiosでよろしいでしょうか?
たなか:これは『劇場』のMV撮影に向かっている途中の写真です。
サッシャ:電車で行くんですね。しかもローカルな感じの。
たなか:新潟のほうに向かって行ったというのもあって。
サッシャ:新潟ですか。
たなか:そうなんです、ロケ地が。
サッシャ:確かに、たなかさんのうしろに広がる風景がちょっと田園な感じですね。

そしてたなかは、先日公開された『劇場』のMVについて語った。



たなか:新潟で撮影したと言ったんですが、映像に新潟感はまったくなく(笑)。ただ、そこでしか撮れないものにはなっていて、いい映像ができたと思います。映像が美しいし、ちょっとコミカルな部分もある面白いMVになっています。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分ごろから。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年8月26日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。