音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
佐々木希が「共感しそうになっている自分も…」と話した、自称28歳・純愛モンスターのセリフとは

佐々木希が「共感しそうになっている自分も…」と話した、自称28歳・純愛モンスターのセリフとは

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』(6月18日公開)の公開直前イベントが都内で行われ、主演の高岡早紀、市原隼人、内田理央、佐々木希、松木創監督が参加した。

愛を追い求める自称28歳の純愛モンスター・リカ(高岡)が暗躍するラブ・サイコ・スリラー。原作は第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久の超人気サイコスリラー小説『リカ』シリーズの「リターン」。



2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマとして制作され「リカが怖すぎてヤバい!」とTwitterでのトレンド入りが続出した話題作がついに映画化。“美しき魔性”高岡早紀が、衝撃的なセリフ、誰もが目を奪われてしまう振り切った演技で「リカ」ワールドへと誘う。

rika2106153.jpg

劇場版進出に高岡は「深夜ドラマから始まり、まさか映画化されるとは微塵も思っていなかった。リカというサイコパス人間が多くの方に支持されたのかどうかはわからないけれど、リカ自身も私も嬉しい」と喜び。ドラマオファー時には「サイコパス役ということで、ハードルが高くてやりたいと思うような役ではありませんでした。さらにネックになったのは28歳と言い張る設定。心配でした」と打ち明けるも、「雨宮リカ、28歳です」とのセリフを言った際には「楽しくてしょうがなかった!」と今ではお気に入りだ。

rika2106155.jpg

刑事役の佐々木は、愛ゆえに暴走するリカのセリフ「正義とか善とか必要ない。必要なのは愛だけ」に触れて「あのセリフには引き込まれて鳥肌が立ちました。リカは悪いことをしているけれど、共感しそうになっている自分もいて……。すごいなあと思った」と妙に感心。一方の内田は「唯一リカと私が一緒なのは、ミートソースが大好きというところ。リカは劇中でレトルト食品のミートソースパスタをめちゃめちゃ食べる。そこは私との確実なる共通点」と笑わせた。

rika2106152.jpg

rika2106154.jpg

また自分の中の「隠れリカ度」を測る心理テストでは、佐々木に「なにかも欲しがる究極の100%リカ」とのお墨付きが。「一見すると大人しく親切で柔らかい印象の持ち主。でもその裏には一歩引いて把握したい、自分のものにしたいという欲求が潜んでいる。相手のことをすべて知っていなければ気が済まない」と分析され、リカにならないためには「白と黒だけで判断せず、グレーもあるという曖昧さを自分の中に持つべき」などとアドバイスを受けた。これに佐々木は「グレーを自分の中にも取り入れる……。ビックリ。100%リカなのか」と意外な結果に驚いていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。