音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
日向坂46・佐々木美玲、犬の気持ちを慮る「散歩に行くときは…」

日向坂46・佐々木美玲、犬の気持ちを慮る「散歩に行くときは…」

人気コミックを実写ドラマ化したAmazon Prime Video『賭ケグルイ双』(3月26日配信)PRイベントが22日都内で行われ、森川 葵、佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、萩原みのり、秋田汐梨、長井 短、佐々木美玲(日向坂46)、そして英勉監督が参加した。

kake2103227.jpg

ごく普通の家庭に生まれた少女・早乙女芽亜里(森川)は、政財界の子女たちが通う私立百花王学園に編入。学園のすべてを支配する“ギャンブル”という狂った掟に翻弄されながらも、仲間と共に奮闘していく。『賭ケグルイ』の主人公 蛇喰夢子(浜辺美波)が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚だ。

イベントではキャスト陣が劇中の制服姿で登壇。三春滝咲良役の乃木坂46・生田は「三春滝は武士のような目力と姿勢を意識して演じていました。そのおかげで撮影期間はグループ活動をしているときもカメラを向けられると睨みを利かせてしまいました」とアイドル活動に影響も!?

kake2103224.jpg

kake2103221.jpg

日向坂46・佐々木は佐渡みくらを演じたが、その設定は首輪をつけた“家畜”という衝撃的なもの。「私自身犬を飼ってるんですけど、今回の役を演じたことでワンちゃんの気持ちを学ぶことができました」と開眼し「散歩に行くときはあんまり強く引っ張らないようにしようって思いました」と犬の気持ちを慮れるようになっていた。

その飼い主である長井は「引っ張るときに首を痛めたら可哀想だと思って『首は痛くない?』と聞いたら、美玲ちゃんが『大丈夫です!私首強いんで』と言い始めた。首が強いとかある?と驚いたけれど、プロの家畜だと思いました」と家畜ぶりに太鼓判。

kake2103226.jpg

「首強いんで」に驚き! 左:佐々木美玲(日向坂46)、右:長井 短

主従関係は染みついているようで、長井が「美玲ちゃんがクランクアップしたあとの撮影はすごく寂しかった。失ってから大切なものに気づきました」と明かすと、家畜・佐々木は「いつでも行きますよ!呼んでくださいね!」と上目遣いでおねだりしていた。

kake2103222.jpg

kake2103223.jpg

森川 葵は、テレビドラマの2シーズンおよび劇場版で早乙女芽亜里を演じている。「ずっと二年生の芽亜里を演じていて、今回は1年生。若返るの大丈夫かな!?とは思いましたが、大好きな役をまた演じられてとても嬉しい」と笑顔。新顔の佐野は「英監督とは2回目で、今回も英監督と沢山相談させてもらいながら葵という役柄を作り上げました」と話した。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。