音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
桐山 漣おすすめの洋楽は、遠距離恋愛のつらい心情を描いた1曲「改めて良さを知りました」

桐山 漣おすすめの洋楽は、遠距離恋愛のつらい心情を描いた1曲「改めて良さを知りました」

J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」。12月4日(金)のオンエアでは、俳優・桐山 漣が登場。リスナーとシェアしたい洋楽ナンバーを紹介した。

桐山 漣がリスナーとシェアしたい楽曲は?

桐山がリスナーとシェアしたい楽曲は、No Use For A Name『Dumb Reminders』。

桐山:こういった曲調の洋楽が大好きで、今回きちんと歌詞の意味を自分で和訳してみて、改めてこの曲の良さを知りました。遠距離恋愛のつらい心情を描いた歌詞です。男性の弱い部分というか、すごくセンシティブなことを歌ってるんだけど、曲調がメロディックなパンクです。疾走感あふれるイントロだったり曲調だったりするので、あんまり重くならず爽やかに聴ける曲です。

No Use For A Nameは、1987年に米カリフォルニア州サンノゼで結成されたポップ・パンクバンド。これまでに9枚のアルバムを輩出してきたが、2012年にボーカル・ギターのトニー・スライが41歳の若さで死去。そのままバンドは解散となった。

フランスと日本の合作映画『海の底からモナムール』に出演!

桐山は現在公開中の映画『海の底からモナムール』に出演している。桐山が映画のストーリーと見どころを語った。

桐山:10年前、いじめに遭っていたミユキ(清水くるみ)が崖から飛び降りてしまうんです。僕が演じるタクマとミユキはクラスメイトで、ミユキはタクマのことが好きで、タクマに「ただ愛されたい」という一心で(自殺後も)17歳の姿のまま海の底にいるんです。そして現在、高校を卒業したタクマと仲間たちが、ミユキがいた島へキャンプをしに行くんですけれども、そこで僕たちを待っていたものは……というストーリーです。『海の底からモナムール』はフランスと日本の合作で、ホラー映画でありながら愛を描く映画です。監督がフランス人で、日本の感覚とフランスの感覚ってやっぱり違うんですよね。恋愛表現や愛し方が日本よりもストレートなので、そういったところも楽しんで観てもらえればうれしいです。

『海の底からモナムール』は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」のワールドプレミア作品。「第12回大阪アジアン映画祭」でも上映された。監督は、フランス出身のロナン・ジル。日本を舞台に、セーラー服の幽霊の純愛物語を描く。

『海の底からモナムール』 予告編

『~JK RADIO~ TOKYO UNITED』のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」では、さまざまな分野で活躍するゲストが「今、一番好きな曲」「繰り返し聴いている曲」を紹介する。放送は毎週金曜の10時20分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月11日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
~JK RADIO~TOKYO UNITED
毎週金曜
6:00-11:30

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。