音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
吉高由里子と横浜流星、大学生にアドバイス。後悔から生まれたメッセージは…

吉高由里子と横浜流星、大学生にアドバイス。後悔から生まれたメッセージは…

女優の吉高由里子と俳優の横浜流星が8日、青山学院大学で行われた映画『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開)のPRイベントに“特別講師”として参加。リモート形式で参加した29名の現役青学生の質問に答えた。

映画『きみの瞳が問いかけている』予告

『きみの瞳が問いかけている』は、不慮の事故で視力と家族を失った女・明香里(吉高)と罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)の運命的ラブストーリー。監督は『ソラニン』『僕等がいた』で知られる三木孝浩。

二十歳の学生へ「たくさんの人に出会って」

学生からの「二十歳のうちにやっておいた方がいいことは?」との質問に吉高は「私も二十歳になるとお酒の席に呼ばれることが増えたので、そこから大人と接する機会も増えた。お酒を通して出会う大人たちの会話は刺激的。私も人見知りでしたが、えい!と頑張ってお酒の席に参加しました。たくさんの人に出会って刺激を受けてその才能を活かして」と実体験からアドバイス。

0925kaihen5.jpg

吉高由里子

横浜も「いろいろなことに悩んで失敗して経験をたくさん積んで人生を豊かにしてほしい。仕事を始めると友人に会える機会も少なくなる。学生の今だからこそ勉強したり、友だちを大切にしたり、大学生活を満喫してほしい。僕も後悔があるから」と明かした。

0925kaihen1.jpg

横浜流星

「大人の女性になるには?」「カッコよくなるには?」

また「大人の女性になるには?」との質問に吉高は「大人になると怖いことが増えていくけれど、失敗は怖い事ではない。失敗を知らない方がよっぽど怖い。たくさん失敗して、たくさんの自分の感情を知って、自分を感じてほしい」と経験する大切さを熱弁。

0925kaihen6.jpg

吉高由里子

一方の横浜は、男子学生から「横浜さんのようにカッコよくなるには?」などと聞かれると「わかんないっすね~! 僕はかっこいい人間ではないし、本当にポンコツでどんくさいので」と苦笑い。

0925kaihen4.jpg

横浜流星

吉高から「でも貫くよね?」と意志の強さを指摘されると「明確に目標を作って、その目標に対して諦めずに達成できるように続けることが大切だと思って生きています。ひとつのことに集中して、目標を達成するために続ける。続けることは自分の大きな力になる」と実感を込めていた。

映画『きみの瞳が問いかけている』は、10月23日公開。

0925kaihen2.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。