音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【注目の学生アーティスト】アプローチが多彩。いろんな展開が楽しめる、LUCY IN THE ROOMの楽曲

【注目の学生アーティスト】アプローチが多彩。いろんな展開が楽しめる、LUCY IN THE ROOMの楽曲

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日は、週替わりでナビゲーターが登場。この週はTENDREが担当。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。9月17日(木)のオンエアでは、LUCY IN THE ROOMのギター・ROKUさんに話を訊くとともに、大学生・専門学生アーティストを紹介してもらった。

バンドの強みは、楽曲のアプローチが多彩なところ

前回、foaraのホツカリクさんが「一言で表すとおしゃれなバンド! 初見の人も虜にする」と紹介していた5人組バンド・LUCY IN THE ROOM。どんなバンドなのか、ギターのROKUさんに話を訊いた。

TENDRE:曲、めちゃくちゃよかったです! LUCY IN THE ROOMというバンド名の由来は何ですか?
ROKU:ボーカルのKoheiが、ビートルズが大好きで、楽曲『Lucy In The Sky With Diamonds』から由来しています。
TENDRE:へえ~! おもしろい。みなさん、どんな音楽に影響受けてるんですか?
ROKU:メンバーそれぞれバラバラなんですけど、全員が同じ方向を向いて楽曲を作ろうってなってから、Jamiroquaiさん、山下達郎さん、東京事変さんなどを参考にしています。
TENDRE:確かに、Jamiroquai匂いましたね。ベースのうなり具合とかめちゃくちゃよかったです。曲作りは、どんな風にやってるんですか?
ROKU:最近は、新曲ができたらそれを投げる用のライングループを作っていて、そこにドラム以外の4人が曲ができたらどんどん投稿していって、それでやりたい曲をスタジオで合わせる感じで作っています。
TENDRE:なるほど~。おもしろい! 他のアーティストに「ここは負けない!」っていう強みは何かありますか?
ROKU:楽曲のアプローチが多彩なところですかね。ジャズやファンクなどブラックミュージック系を基調に、ポップとか他のジャンルもミクスチャーで混ぜていくような方法で楽曲ごとにアプローチを変えています。
TENDRE:確かに曲調が、曲の中でもいろいろ変わってましたよね。
ROKU:はい。英語と日本語の組み合わせでも少しアプローチ方法を変えてみたりして、いろんな楽曲を聴けるように意識しています。
TENDRE:めちゃくちゃわかりやすですね。確かに、聴いていていろんな展開があったりして、おもしろかったです。最後に、LUCY IN THE ROOMから何かお知らせはありますか?
ROKU:今回オンエアしていただいた楽曲『Candy』のMVが、YouTubeで公開中です。また、TwitterやInstagramにカバー動画をあげたりなど、SNSでも積極的に活動しているのでそちらもチェックお願いします!

青春パンクバンド・トワハルズ

そんな、ROKUさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「トワハルズ」。

TENDRE:どんな魅力を持ったバンドですか?
ROKU:ジャンルが、青春パンク系になるんですけど、メロディがとてもキャッチーで、歌詞も共感できる部分が多くて、ただアツいだけではなくて、お客さんも一緒になってアツくなれるようなバンドです。

次回は、トワハルズのメンバーにおすすめアーティストを紹介してもらう。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン