音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
マイケル・ジャクソン、ビートルズのレア音源も。藤原ヒロシがお届け

マイケル・ジャクソン、ビートルズのレア音源も。藤原ヒロシがお届け

J-WAVEでは9月22日(火)に特別番組『J-WAVE SPECIAL JUN THE CULTURE DELUXE EDITION』(ナビゲーター:藤原ヒロシ)を放送。藤原がレアな音源をたっぷりお届けする番組の第3弾で、ここでは実際にオンエアされた曲の一部を紹介。音源は以下それぞれのリンク先から、radikoで9月29日28時59分まで再生することができる。

■ロッド・スチュワート『You're in My Heart (The Final Acclaim) 』アコースティックバージョン

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200922213216

藤原:これのオリジナルバージョンが『Foot Loose & Fancy Free』というアルバムに入ってます。ロッド・スチュワートの初期のものはデラックス・エディションがまあまあ出ているんです。ただ、この『Foot Loose & Fancy Free』というアルバムはデラックス・エディションが出ていなくて、僕はこのアルバムが好きなので「出ないのかな?」ってずっと待っていたんですが、出ませんでした。その代わりに『ロッド・スチュワート・セッションズ』というアルバムを検索していたら、そのなかにこういうアコースティックバージョンみたいなものが入っていました。

■ロッド・スチュワート『I Was Only Joking(Early Take 4)』

藤原:『Foot Loose & Fancy Free』というアルバムから、もう1曲。最初のしゃべりとかからカウントで入ってくる感じや、リハーサルのライブ感がすごく伝わってきていい感じです。こんなにいいバージョンをひっそりと録っておくって、いいですよね。僕もレコーディングやデモテープとか、いつも録っているんですけど、そのままどこかになくしてしまうので(笑)。もしかしたらちゃんと集めておいたほうがいいかな? という気もします。

■ピート・タウンゼンド『I'm One』デモバージョン
■ピート・タウンゼンド『Cut My Hear』デモバージョン

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200922223129

藤原:最近、映画『さらば青春の光』を観なおしました。これは僕が高校のときに公開されたんですけど、すごく面白くて影響を受けた作品でした。60年代のイギリスのモッズを描いています。ザ・フーというバンドの『Quadrophenia(四重人格)』というアルバムを元にした映画なんです。『Quadrophenia』のデラックス・エディションから、ピート・タウンゼンド名義なんですが、映画のなかで僕が好きだった2曲のデモバージョンです。

■マイケル・ジャクソン『Beat It』デモバージョン
■マイケル・ジャクソン『Billie Jean』デモバージョン

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200922230003

藤原:『Beat It』デモバージョンは息遣いが聞こえる、緊張感があふれるアカペラバージョンですね。こういうデモから始まった曲だそうです。『Billie Jean』のデモテープは、生きてたら恥ずかしくて出せなかったバージョンかもしれないですね。多分歌詞もできていなくて、曲のメロディもAメロとかが固まってない感じのデモバージョン。これを聴けるというのはすごくうれしいし、マイケル・ジャクソンのマニアにとっても最高なんじゃないかなと思います。

■マイケル・ジャクソン『She's Out of My Life』アコースティックバージョン

藤原:これもすばらしいですね。マイケル・ジャクソンはすごくキッチリしてるから、アルバムに入っているものは全て完ぺきに完成された曲ばかりなんですよね。だからこういうギター、本人が弾いているんじゃないと思うんですけど、フォーキーなギターとマイケルのボーカルだけというのは、すごく貴重だと思います。僕もこれで初めて「こういう歌い方なんだ」というのを聴きました。

■ザ・ビートルズ『The Long And Winding Road』ネイキッドバージョン

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200922234336

藤原:これは『Let It Be』のネイキッドバージョンの『Let It Be... Naked』というアルバムからです。当時はネイキッドというのが少しはやったんです。バンドのメンバーたちだけの演奏というか、上からオーケストラをかぶせたりとか、ほかの人が演奏をしたものを省いた裸っぽいバージョンという意味なんでしょうか。

その他にも、夜にぴったりのメロウな選曲をお届けした。藤原ヒロシが毎週ナビゲーターを務める『JUN THE CULTURE』は、J-WAVEで土曜14:10頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年9月29日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
J-WAVE SPECIAL JUN THE CULTURE DELUXE Edition
9月22日(火)
21:00-24:00
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン