音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
エレガントで愛に満ちた2020年の重要作、Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』

エレガントで愛に満ちた2020年の重要作、Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』

J-WAVEの番組作りに携わるスタッフたち。日々、ジャンルを問わず音楽を聴き続けているラジオ番組制作者たちの、おすすめの楽曲やアーティストを紹介します。(J-WAVE NEWS編集部)


Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』(2020年4月リリース)

2年前の初来日のときのパフォーマンスをよく覚えている。モデルのような出で立ちの彼と、その姿を収めようとスマホをかかげる多くの観客。ミステリアスな雰囲気と沸き立つ色気に圧倒される空間は、ライブというより前衛的なファッションショーのようだった。

Yves TumorことSean Bowieの最新作『Heaven To A Tortured Mind』は、2018年の前作『Safe In The Hands Of Love』と同じくWARPからのリリース。前作までにあった実験的な音像は削ぎ落とされており、これまでよりさらにロックやソウルに接近した作品になっている。『Aladdin Sane』や『Young Americans』などグラム〜アメリカ期あたりのDavid Bowieを感じさせる、自然と腰が揺れるような艶かしさに、Roxy Musicを辞めた後にBrian Enoが作ったソロ作『Here Come The Warm Jets』のアヴァンポップがミックスされたようなサウンドが展開され、70年代からの影響が多く聞こえる。収録曲「Super Stars」と「A Greater Love」で鳴らされるギターのグラムロック感は本当に素晴らしい。

『Heaven To A Tortured Mind』でのYves Tumorは紛れもなくロックスターである。エレガントで愛に満ちた本作は2020年の重要作品のひとつになるであろう。このエキセントリックなヴィジュアルのロックスターは、次にどんな音の世界観で我々を驚かせてくれるのだろうか。今から楽しみである。



■執筆者プロフィール

・盛口薫(もりぐちかおる)

担当番組
『SAPPORO BEER OTOAJITO』
『TAKRAM RADIO』

ラジオ番組制作者。初めて生で見た有名人はカイヤ。この春、大阪にある実家が諸事情のため消滅したので、行き場を失ったCDがダンボールに入って、現在住んでいるワンルームのド狭い部屋に積み重なっている。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン