音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
常田大希が率いるmillennium paradeが初の首位! 喜びのコメント「みなさん心の奥底の炎は絶やさずに」【最新チャート】

常田大希が率いるmillennium paradeが初の首位! 喜びのコメント「みなさん心の奥底の炎は絶やさずに」【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは5月24日(日)付のチャートを紹介!


10位:John Legend『Bigger Love』


『Bigger Love』は、John Legendが6月にリリースする通算7枚目のアルバムからのタイトルトラック。Johnによると「つらく苦しいときでも、愛があれば乗り越えられる。音楽が僕たちに喜びとインスピレーションを与えてくれる」というメッセージがこの曲に込められているという。今の状況にピッタリな楽曲だが、実は曲を作ったのは昨年。当時はまさかこんなに世界が『Bigger Love』を必要とするとは思ってもいなかったそう。ちなみにJohnはニューアルバムについて「これまで僕が作ったなかで、いちばんセクシーなアルバムだよ」と語っている。


9位:Johnny Orlando『See You』


Johnny Orlandoはカナダ、トロント出身。『See You』は元カノへの捨てきれない恋心を歌う「未練ソング」だ。もともとこの曲は、現在のStay Home期間中のタイミングでリリースする予定はなかったそうだが、Johnnyは「このタイミングでリリースをすることで、この曲に2つの意味合いをもたらした。『元カノに会いたい』という意味だけではなく、友だちや家族といった大切な人に会いたいという意味もある」と語っている。ミュージックビデオでは、自宅のベッドルームで隔離状態ですごしているJohnnyが、ビデオ電話やソーシャルネットワークで友だちに連絡を取りまくっている様子が描かれている。


8位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』


J-WAVEでは現在「#音楽を止めるな」プロジェクトの一環として、新型コロナの影響で困難に直面しているライブハウスの支援を目的に、オリジナルTシャツの受注販売を受け付けている。TシャツはJ-WAVEにゆかりのあるデザイナー、イラストレーター、写真家らが手掛けており、ここだけでしか購入できないオリジナルデザインだ。Tシャツの売り上げから製作販売にかかる経費のみを差し引いて、売上額すべてを東京都内中心の各ライブハウスやライブプロモーター、ビンテージロックを通じて支援するという。詳細はJ-WAVEの「#音楽を止めるな」特設サイトをチェック。
https://www.j-wave.co.jp/topics/2004_ongaku.htm


7位:The 1975『 If You're Too Shy(Let Me Know)』


通算4枚目となるニューアルバム『Notes on a Conditional Form』が、ついに5月22日にリリースされた。収録曲は全22曲、総再生時間は1時間20分という大作。このアルバムは気候変動問題を訴える活動家、Greta Thunbergが参加した『The 1975』という曲で幕を開け、セクシャルマイノリティやメンタルヘルスといった2020年代のさまざまな問題を取り上げた楽曲が多数収録されている。ちなみに『If You're Too Shy(Let Me Know)』は、実際に会ったことはないけれど、ネットの世界だけでつながっている男女のラブストーリーを描いているそう。


6位:Ariana Grande & Justin Bieber『Stuck with U』


チャリティーシングルであるこの曲でタッグを組んだArianaとJustin。連名でシングルを出すのは初めてだが、以前から交流はありライブでも共演している。なにより2人のマネージャーはアメリカ音楽業界の大物Scooter Braun。Scooterは2人のコラボをコーディネートしただけではなく、この曲のソングライターにも名を連ねている。Scooterによると年内にリリースを予定している一連のチャリティーシングルの第一弾が『Stuck with U』だが、今後も大型コラボが計画されているそう。


5位:Rina Sawayama『Bad Friend』


5月17日オンエアの『SAISON CARD TOKIO HOT 100』では、ロンドンにいるRina Sawayamaがリモート出演。影響を受けた日本人アーティストとして、宇多田ヒカル、サザンオールスターズ、SMAPといった名前を挙げていた。また『Bad Friend』のミュージックビデオが公開されており、映像ではRinaが初めて男装にチャレンジ。昭和感たっぷりのサラリーマンを演じており、バーで友人と酒を飲み、酔っぱらって殴り合いに発展する場面も。


4位:宇多田ヒカル『Time』


現在ロックダウン中のロンドンで隔離生活を送っている宇多田。この生活が終わったらまず最初にしたいことは「マッサージに行くこと」で、最近は家でストレッチボールを使って頑張っているのだとか。宇多田は5月中の毎週日曜日に『自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!』という、視聴者のお悩みに答えるインスタライブを実施。5月24日にはラッパーのKOHHがゲストで登場した。


3位:藤井 風『優しさ』


藤井はよくものをなくしてしまうそう。最近では今年の1月に眼鏡を紛失。1か月後に実家の車の隙間から“発掘”したとのことだが、その眼鏡を再びなくしてしまったのだとか。


2位:Marshmello & Halsey『Be Kind』


新型コロナウイルスの影響で現実世界のイベントが中止となるなか、代替のイベント会場として注目されているのがオンラインゲーム。特にゲーム内で行われるコンサートが大盛況で、ゲームの世界にアーティストのアバターが登場してバーチャルコンサートを実施。観客もアバターとなって参加するというもの。仮想現実のなかのコンサート会場に出かけて行って、飛んだり跳ねたりができる。Marshmelloが昨年、人気ゲーム『フォートナイト』のなかでコンサートを開催した際には1000万人のユーザーが参加したという。4月はラッパーのTravis Scottが同じく『フォートナイト』でコンサートを開催し、1230万人が参加した。そんななか、6月に3日間にわたって開催されるのが、人気ゲーム『Minecraft』を舞台にしたフェスティバル「Electric Blockaloo」。Blockalooは「Bonnaroo Festival」をもじったネーミングなのだとか。出演アーティストの詳細はこれから発表されるが、観客は30ドル程度のチケット代を払って参加し、収益はアーティストに分配されるという。1000万人規模の観客を動員しながら濃厚接触とならず、環境にも優しいゲーム内のバーチャルフェスは今後主流となるのか、気になるところだ。


1位:millennium parade『Fly with me』


millennium paradeとして初の1位を獲得! 常田大希が番組にコメントを寄せている。

常田:『TOKIO HOT 100』をお聴きのみなさん。こんにちは、常田大希です。なんとこのたび、millennium paradeの新曲『Fly with me』がチャートでナンバーワンを獲得したということで、ありがとうございます。今回ミレパ初のナンバーワンということで、とてもうれしく思っております。今はStay Homeですごく大変な時期だと思いますが、この曲は『やってやるぜ』みたいな、そういうパワフルな力を持った楽曲になっていますので、こんなご時世ですけれども、みなさん心の奥底の炎は絶やさずに。この騒動が落ち着いたあかつきには、みんなでライブで大合唱できる日を楽しみにしております。この前チラっとクリスさんのラジオにリモートで出演させていただきましたが、またぜひスタジオに遊びに行けるのを楽しみにしております。こんなご時世ですが、みなさんお体には気を付けて、くれぐれもね。元気があればなんでもきる、という感じで。以上、millennium paradeの常田大希でした、Bye。

【関連記事】常田大希(King Gnu / millennium parade)が、叶ったら「泣いちゃいます」と語る夢とは?

1位:millennium parade『Fly with me』
2位:Marshmello & Halsey『Be Kind』
3位:藤井 風『優しさ』
4位:宇多田ヒカル『Time』
5位:Rina Sawayama『Bad Friend』
6位:Ariana Grande & Justin Bieber『Stuck with U』
7位:The 1975『 If You're Too Shy(Let Me Know)』
8位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』
9位:Johnny Orlando『See You』
10位:John Legend『Bigger Love』

『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年5月31日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン