音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
藤井 風『優しさ』が首位獲得! millennium parade『Fly with me』はトップ目前【最新チャート】

藤井 風『優しさ』が首位獲得! millennium parade『Fly with me』はトップ目前【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは5月17日(日)付のチャートを紹介!


10位:TENDRE『LIFE』


5月10日放送の『SAISON CARD TOKIO HOT 100』にリモート出演したTENDRE。母の日にオンエアだったということで、ミュージシャンでもある母親の話を訊いた。『LIFE』は全ての楽器をTENDRE自身が演奏しており「今回は特にサックスを頑張った」といったコメントも。TENDREは、「母親がいたからこそ、今自分は大成している」と感謝のコメントを述べた。9月には、セカンドフルアルバムをリリース予定だ。


9位:Hazel English『Shaking』


60年代のカルチャーに影響を受けているHazel Englishは、単に60年代の音楽やファッションが好きというだけではなく、思想的にも影響を受けている。Hazelは4月24日にリリースした『Wake UP!』にインスピレーションを与えたものの1つとして『スペクタクルの社会』(ちくま学芸文庫)という本を挙げている。この本はフランスの思想家で映像作家でもあるGuy Debordが1967年に発表したもので、現代社会をスペクタクルという概念でとらえて分析、批判をした理論書である。Hazelはインタビューで話す内容も小難しく、そこがツウ受けする理由の1つにもなっている。


8位:TOKYO M.A.P.S 冨田ラボ EDITION『MAP for LOVE』

この曲は冨田ラボが5月6日に放送された16時間特番『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL~』のために制作したチャリティーソング。10名を超えるアーティストとともにリモートワークで制作を進めたという。クレジットを見てみると、作詞は角田隆太(ものんくる)、作曲とアレンジは冨田恵一、ラップパートの作詞はRyohu(KANDYTOWN)、歌っているのは坂本真綾、長岡亮介(ペトロールズ)、長塚健斗(WONK)、Naz、bird、藤原さくら、堀込泰行、吉田沙良(ものんくる)と非常に豪華な顔ぶれとなっている。なお、この曲はチャリティーソングということで、この楽曲で集まった支援金は日本赤十字社を通じて新型コロナウイルスの最前線で働く医療従事者に寄付される。


7位:RAC『Stuck On You feat. Phil Good』


2017年にグラミー賞で最優秀リミックスレコーディング賞を受賞した、ポルトガル出身のプロデューサーRACことAndre Allen Anjos。最新アルバム『BOY』はAndre自身の子ども時代をテーマに制作された1枚になっている。音楽とともに成長してきた自身の青春を投影してメロディーを作ったそうで、Andreいわく「とらえどころのない感覚だけど、それをとらえようとして今の感覚で再解釈をした」とのこと。


6位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』


スカパラの打楽器担当の2人、ドラムスの茂木欣一とパーカッションの大森はじめに、最近のおうち時間のすごし方を訊いた。茂木は昨年からパグの女の子、ピオニーちゃんを飼い始めており、毎日癒されてメロメロになっているそう。大森は自宅でとにかく筋トレをしており、日々成長する筋肉に毎日癒されてムキムキになっているのだとか。


5位:The 1975『If You're Too Shy(Let Me Know)』


間もなく発売されるはずのニューアルバム『Notes on a Conditional Form』。延期に延期を重ねたこともあって、『If You're Too Shy(Let Me Know)』は、すでにアルバムから6曲目の先行シングルになっている。ちなみにフロントマンのMatthew Healyは自宅にこもっているのかと思いきや、スタジオにこもっているそう。イギリスがロックダウンをして外出禁止令が出たときに、自分がどこにいたいかを考えたMatthewは「家にいても1人でやることがない、じゃあスタジオだ」ということで、ノーサンプトンシャーに所有しているスタジオに行き、そこでドラマーのGeorge Danielと一緒に隔離生活を送っており、すでに次のアルバム制作に着手しているという。


4位:宇多田ヒカル『Time』

中村倫也主演の日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の主題歌。宇多田は今月、毎週日曜日に「自宅隔離中のヒカルパイセンに聞け!」と題して、イギリスの自宅から視聴者のお悩みに答えるインスタライブを実施している。先週は中村、5月17日の配信ではONE OK ROCKのTAKAがゲストで登場した。気になる人は宇多田のInstagramをチェック。


3位:Rina Sawayama『Bad Friend』


現在イギリス・ロンドン在住のRina Sawayamaが、この日のオンエアにゲストで登場。ロンドンは早朝だったが、リモートで出演を果たした。デビューアルバム『SAWAYAMA』は絶賛配信発売中だ。


2位:millennium parade『Fly with me』


5月15日はKing Gnuとmillennium paradeを率いる常田大希の28歳の誕生日。常田のSNSには、寝癖姿で歯を磨く28歳初日の常田の様子がアップされている。『Fly with me』のライブ映像もオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされている。



1位:藤井 風『優しさ』


番組には藤井 風からのコメントが到着。「藤井 風です。この度、私の『優しさ』という曲が『TOKIO HOT 100』のチャートで1位を獲得したということで、ホンマにありがとうございます。あの、もう、ビックリ。なんて素敵なサプライズでございましょう、ありがとうございます。ペプラーさんもまた会いたいです。サンキューソーマッチ」と、喜びを露にした。

1位:藤井 風『優しさ』
2位:millennium parade『Fly with me』
3位:Rina Sawayama『Bad Friend』
4位:宇多田ヒカル『Time』
5位:The 1975『 If You're Too Shy(Let Me Know)』
6位:東京スカパラダイスオーケストラ『倒れないドミノ』
7位:RAC『Stuck On You feat. Phil Good』
8位:TOKYO M.A.P.S 冨田ラボ EDITION『MAP for LOVE』
9位:Hazel English『Shaking』
10位:TENDRE『LIFE』

『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年5月24日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン