音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
豪ブリスベン出身のDJ/プロデューサー・Young Franco、2017年からガラリと変わったサウンドにも注目

豪ブリスベン出身のDJ/プロデューサー・Young Franco、2017年からガラリと変わったサウンドにも注目

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。3月25日(水)のオンエアでは、Young Francoの『Juice』をピックアップ!


■オーストラリア・ブリスベン出身のDJ/プロデューサー

Young Francoは、オーストラリア・ブリスベン出身のDJ/プロデューサー。Joey Da Rinとしても知られている。2014年に、ファースト・シングル『Close 2 U feat. Joy』をリリース。こちらは同じ地元ブリスベンのアーティスト・Joyをフィーチャーした曲となっている。

【Young Franco『Close 2 U feat. Joy』をradikoで聴く】

この曲がリリースされた2014年には、オーストラリアの人気DJ/ビートメイカーのAlison WonderlandやWave Racerと各地で大規模なフェスを成功させた。そして、2015年にリリースされたシングル『Don’t U Wont Me』は、ラジオ局のプッシュもあり、初のヒットソングとなった。

Young Francoは、その後もシングルやEPのリリースを重ね、2017年にはレーベル・メゾンキツネ主催の「Kitsune Club Night」でのパフォーマンスのため来日もした。その際、代々木公園で行われたblock.fmのインタビューが公開されている。

そのインタビューで「影響を受けている音楽は毎日変わるけど、ジャズには影響を受けていると思う。昔、トランペットをやっていたことがあって、トランペットはうまくいかなかったけど、自然とジャズに興味が湧いた」と語っている。さらに、好きな音楽についても「ずっと前からジャズやソウルが大好き。とにかく、コードがかっこいいものが好き」と述べている。


■2017年からサウンドがガラリと変わる

基本的にゲストボーカルを迎えた楽曲をリリースしているYoung Francoだが、2017年からラッパーをフィーチャーするようになり、サウンドもガラリと変わる。

そして、先月リリースされたニューシングル『Juice』。こちらはアメリカ・ニューオーリンズのラッパー・Pellとコラボした曲。その『Juice』が、現在、SONAR TRAXになっている。



Young Francoは、iTunesやApple Music、Spotifyなどで聴くことができるが、今でもSoundcloudに曲をアップし続けており、彼が出しているほとんどの楽曲を聴くことができる。この機会に、ぜひチェックしてみては。

Young FrancoのSoundcloud

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン