音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
あなたの会社は、インフルエンザで休めますか? 「無理に出社してる印象。休んでほしい」との声も

あなたの会社は、インフルエンザで休めますか? 「無理に出社してる印象。休んでほしい」との声も

インフルエンザが流行するシーズン。かかってしまったのに仕事を休めなかったり、職場で嫌味を言われたりといった「インフルエンザ・ハラスメント」という言葉も注目を集めている。J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)でも、この問題を考えた。オンエア日は1月20日(月)。

ゲストに登場したのは、ミレニアル世代のためのオンライン経済メディア『Business Insider Japan』編集部の小林優多郎さん。同メディアでは、インフルエンザに関する特集も組まれている。

【外部リンク】インフル流行!かかったら社会人失格?あなたの職場は休める?今すぐわかる厳選5本(Business Insider Japan)

【1月20日(月)『STEP ONE』の「BEHIND THE SCENE」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)】


■インフルエンザで休める? 「仕事に一生懸命だからこそ来ちゃう」パターンも

インフルエンザと診断されたときはもちろん、風邪や発熱でも休む/休めるべきだが、すべての会社が正しい意識を持っているわけではない。街頭インタビューから、実情を探ってみよう。

「インフルエンザは有給で処理するか欠勤するか選べます。予防接種への補助金制度はありません」

「基本的にはインフルエンザになったら出勤停止ですが、政府が『パンデミック期』であると認定した場合は、熱がなければインフルエンザでも会社に来るように、という基準があります」

「バイト先では、自分で代わりの人を探すことになっています。代わりが見つかれば休んでも大丈夫。休むつもりの日に入るのは大変だけど、インフルエンザならしょうがないかなっていう」

「インフルエンザになった人が無理に出社してる印象があります。働いている間にしんどくなって早退する。会社側の対応というか、社員さんが一生懸命だからこそ来ちゃうっていう。休んでほしいなと思うことはありますね」

インフルエンザで会社を休めないといった場合、「上司に休むなと言われる」など明らかなパワハラ以外に、「自分が行かないと迷惑をかけてしまう」と自主的に出社してしまうケースもあるようだ。休むと言い出しにくい、職場の体制や“空気感”が影響していると考えられる。また、「休むと給料が減って生活できないから」という理由もあるのかもしれない。何らかの対策を考える必要があるだろう。


■予防接種を義務化する会社も…フリーランスはどうなる?

小林さんの務めるBusiness Insider Japan編集部では、今年度から、社内で予防注射を行うことが義務化したという。

小林:今年度から、インフルエンザの予防注射のために、医師の方が会社まで来てくれるという制度ができました。実際にこっちに来てくれるから、忙しいからあとで行こうっていうのがなくなります。
サッシャ:忙しいから受けに行けないっていう人も、それくらい忙しい仕事を会社から頼まれておいて、じゃあいつ行くのよっていう方もいるわけで。それが、こちらまで来てくれるのはいいですよね。
小林:それでも、例えば、営業職で場所や時間が合わず受けられない人も出てくると思うので、業務形態や業務内容にももちろんよりますが、一つの対策ではあると思います。

非正規雇用の社員やフリーランスもカバーするためには、これを「社会的な制度にしていくしかない」と小林さんは述べる。

小林:僕らも、フリーランスのライターさんに仕事をお願いすることがあるんですけれど、その方たちもオンリーワンな存在であるわけで。こちら側も、罹患した際には、言っていただかない限りは調整することもできないので、そこの関係性を気づいていくことも大事だと思っています。
増井:リモートワークが広まっていけば、自分の体調と相談しながら、家で作業をしてメールで送って、とかもできるようになりますよね。
サッシャ:休んだ日程が全て体調が悪いっていうわけじゃないですもんね。熱が下がってもしばらくは家から出られないから。


■インフルエンザにかかった自分を責めないで

有給が使える場合はいいが、そうではない立場の人もいる。金銭的な保証も必要だ。

小林:「ここ休んだら、今月きついぞ」っていうときもありますよね。そういうときでも安心して休めるような、余裕が持てる環境にしていかないとなとは思いますね。
サッシャ:余裕があったらもちろんラクですけれど、難しいですよね。だからどうやって守っていくかというか、リスクヘッジしていくかというのは、本気で考えないといけないなと思いますね。

小林:個人的には、(インフルエンザにかかるのは)くじ引きみたいなものであるということが言いたいですね。自分もあなたもかかるかもしれない。だから、自分を責めるべきではないし、相手を過剰に責めるべきでもないです。
サッシャ:誰でもかかるということを念頭にいておくだけでも、感覚は変わるのかなと思いますね。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」では、気になるニュースの裏側から光を当てる。放送は月曜~木曜の10時10分頃から。次回もお聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン