音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
首都高も安全にドライブ! 日産の運転支援システム「ProPILOT2.0」の性能をレポート

首都高も安全にドライブ! 日産の運転支援システム「ProPILOT2.0」の性能をレポート

J-WAVEで放送中の番組『BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE』(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。11月24日(日)のオンエアでは、日産自動車の運転支援システム「ProPILOT2.0(プロパイロット2.0)」を高速道路で使用し、レビューをおこなった。


■運転支援システム「ProPILOT2.0」の機能

この日のオンエアでは、日産のスカイラインに搭載された運転支援システム「ProPILOT2.0」の性能をレポート。「ProPILOT2.0」の自動運転レベルは2と3の間と位置付けられており、「ドライバーが前方を注視し、ハンドル操作が可能である」という条件下ではハンズオフ(手放し)の機能が実現可能となった。

居眠り運転だとシステムのカメラが判断した場合は、車内に警告音が鳴り、それでもドライバーから反応がない場合は、緩やかに減速してから自動停止する。また、ドライバーが体調不良によって意識を失った場合にも、自動停止をおこなう点にも注目したい。さらには高速道路での分岐・追い越し・車線変更の自動運転にも対応しており、ステアリングの操作も含まれている。技術的にも大幅に進化を遂げ、運転時の安全を手厚くサポートしてくれる運転支援システムだ。


■「ProPILOT2.0」の性能は?

西沢・松嶋の2人は、カーブの多い首都高2号目黒線で「ProPILOT2.0」の性能をチェックした。

西沢:ナビが緑色のときは手を添えて、青色のときは手を放していいところなんだね。
松嶋:添えているだけなんですか? 自分で運転せず、勝手に曲がっているんですか?
西沢:曲がっているね。ほらほら。
松嶋:ほんとだ! 親指しか(ハンドルに)当てていない。あ、青色になりましたよ! 警告も出ないで曲がれた!
西沢:すげー!

興奮した2人は社内で拍手喝采。自動運転の性能に歓喜した。

西沢:この車にはカメラが7個、レーダーが5個、ソナーが12個、そして3D高精度地図データが搭載されています。
松嶋:情報のかたまりですね。
西沢:前の車に近づくと、勝手にね、踏んでいるアクセルが弱まるんですよ。
松嶋:すごいですね!
西沢:カーブも上手だよね。ハンドルを切って戻してっていう修正がなくて、一発でハンドルの動きを決めているからね。乗り心地も悪くないね。
松嶋:私より運転が上手いかもしれない。
西沢:スカイラインって車は、運転が得意でない人たちを安全に走れるように支援してくれる、新しい車だね。

西沢と松嶋は、日産自動車の運転支援システム「ProPILOT2.0」の性能に大満足だった。

『BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE』では、クルマやドライブ、そして地球との新しい&楽しい付き合い方を提案する。オンエアは毎週日曜19時から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月1日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE』
放送日時:毎週日曜 19時-20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture//

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。