音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
iriやchelmicoの作品をプロデュースするESME MORI、自身初のシングル『雲の芽』の聴きどころは?

iriやchelmicoの作品をプロデュースするESME MORI、自身初のシングル『雲の芽』の聴きどころは?

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。10月10日(木)のオンエアでは、ESME MORIの『雲の芽 (feat. basho)』をピックアップ!


■作曲/編曲家として様々な楽曲をプロデュース

作曲/編曲家のESME MORI。今回J-WAVE SONAR TRAXに選出された『雲の芽』が、デビューシングルとなる。これまでどんな活動をしていたのか。音楽の道に進むことになったきっかけとあわせて伺った。

ESME MORI:大学時代に所属していたバンドサークルのOBが広告音楽のプロデューサーをやっていて、当時TVドラマの『SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』のサウンドトラックを作っていて、そこに「1曲参加してくれないか? 」というオファーをもらい、そこに参加して採用されたのが楽曲制作を始めたきっかけです。これまでは、主に作曲/編曲家として、iriの『Wonderland』やchelmicoの『爽健美茶のラップ』、ヒプノシスマイクの『Stella』などのプロデュースを手掛けてきました。

今回デビューすることになった経緯は?

ESME MORI:このタイミングで自分の作品をリリースすることになったのは、これまでも自分の歌にフォーカスしたプロジェクトは昔からやっていて、でも、その中で自分の軸っていうのが見つからないまま過ごしていたので、なかなかリリース出来ずにいました。仕事でいろんなアーティストと一緒に曲を作る中で、今年になってやっとその軸がだんだん見えてきたので、このタイミングでリリースしようと決めました。


■聴いた人それぞれに「雲の芽とは何か」を想像してほしい

SONAR TRAXに選ばれた『雲の芽 (feat. basho)』は、どんな曲なのだろう。

ESME MORI:もともとトラックが先に出来ていて、歌詞を書いていく中で「空の雲に芽吹く」という意味で「雲の芽」という造語を思いついて、その瞬間、パーっと曲の世界観が出来て、それを元に書き上げていきました。ラップで参加しているbashoくんは、僕も参加している「ピスタチオスタジオ」というDJ/ラッパー/トラックメイカーが所属しているチームがあって、その中いるCBSというラップグループのメンバーの一人です。僕もバンドでCBSと一緒に演奏したりもしています。

『雲の芽 (feat. basho)』の聴きどころとは?

ESME MORI:歌詞の面で言うと、「雲の芽」というインパクトのある言葉を使いながら、楽曲全体のストーリーは、かなり抽象的に進むように言葉遣いを含め選んでいったので、聴いた人それぞれが「雲の芽ってなんだろう?」と物語を想像して聴けるような作品になったんじゃないかなと思います。それに対してbashoくんが入れてくれたラップが素晴らしくて、抽象的に聞こえるけど、ストーリーを想像してしまうっていうようなラップがすごく合っているので、そのあたりもチェックしてほしいです。

【ESME MORI『雲の芽 (feat. basho)』を聴く】

今後の活動について、ESME MORIは「まずは世に1曲リリース出来たので、この勢いのまま来年はフルアルバムを作れたらなと思っています」と展望を明かした。リリース情報など詳細は、ESME MORIのオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。