音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
タイラー・ザ・クリエイターも惚れ込んだ才能! 英出身のRex Orange County

タイラー・ザ・クリエイターも惚れ込んだ才能! 英出身のRex Orange County

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。10月8日(火)のオンエアでは、Rex Orange Countyの『10/10』をピックアップ!


■移籍後、第一弾シングルリリース! MVにも注目

1998年生まれ、イギリス出身の現在21歳のアレックス・オコナーによるソロ・プロジェクト「Rex Orange County」。幼少期はアバやクイーンなどドラマティックでメロディックなグループに影響を受ける一方、グリーン・デイやウィーザー等のアメリカン・ポップ・パンクにも魅かれていく。

最初は独学でドラムやピアノを演奏していたそうだが、16歳のときにアデルやエイミー・ワインハウスもかつて通ったという名門音楽学校「BRIT School for Performing Arts and Technology in Croydon」に入学。この頃からスティーヴィー・ワンダーなど、往年のソウル系ソングライターに傾倒。その後ギター、ベース、ピアノを習得し、ロジックを使いセルフプロデュースを始める。そして2015年、「Rex」名義での宅録アルバム『bcos u will never be free』を、投げ銭方式で発表。

それに耳を止めたのが、タイラー・ザ・クリエイター! タイラーは、当時17歳だったRexをLAに招いてレコーディングを決行。Rexが参加した『Boredom』と『Foreword』は、2017年にリリースされ全米初登場2位を記録し、一躍名を広める。さらに、2018年の「BBC Sound Of 2018」では2位にも選出され、昨年のサマーソニックでは、ソニックステージでライブを行った。

そんな彼のおよそ半年ぶりとなる新曲『10/10』は、「Sony Music Entertainment」へとレーベルを移籍してから初のリリースとなる。同時に公開されたMVは、The Strokes、Daft Punk、The Weeknd、The 1975、ZEDDらのMVで知られるWarren Fuがディレクションを務めたことでも話題に。様々な超常現象が起こる家の中で、レックスがひたすら演奏を続けるというハロウィーン前にぴったりな、シュール且つユーモア溢れるスタイリッシュな映像作品だ。楽曲と合わせてMVにも注目してほしい。

【Rex Orange County『10/10』を聴く】


【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。