音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
あいみょん、10代の頃から憧れが強かった「東京の街」は?

あいみょん、10代の頃から憧れが強かった「東京の街」は?

J-WAVEでは、2019年10月31日までの期間「音とともに東京の街に出かけよう」をテーマにAUTUMN CAMPAIGN「TOKYO SOUND HOPPING」を実施中。その連動番組として10月14日(月・祝) に『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO SOUND HOPPING』(ナビゲーター:ハリー杉山・三原勇希)を放送した。オンエアには、シンガーソングライターのあいみょんが登場し、東京の思い出の場所について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月21日28時59分まで)


■あいみょんが語る、東京の思い出の地とは?

番組では"東京を五感で感じる"をテーマに、東京にまつわるアーティストがオススメの東京スポットを紹介。兵庫県出身のあいみょんが、お気に入りの東京の街について語った。

あいみょん:私の思い出の強い街は、自由が丘です。10代の頃から自由が丘への憧れがすごく強くて、友だちとよく遊びに行っていました。好きなカメラ屋さんがあったりして、よく散歩をしていましたね。本屋さん行ったりとか......。そんな大それたことはしてないんですけど、あの街の空気感がすごく好きでよく行っていました。

自由が丘で「よく聴く楽曲」があったという。

あいみょん:よく友だちと一緒に小沢健二さんの『ラブリー』を聴きながら歩いていました。イヤホンではなくて、ちょっと小さめの音で流しながらご機嫌に歩いてたっていう思い出がありまして、いまだにその動画も残ってるんですけど(笑)。なので『ラブリー』を聴くと、そうやって友だちと何も考えずに、ただ気の向くままに歩いてたことを思い出して、すごく懐かしくなります。

番組では、他にもLicaxxxやフレンズなど、東京に関わるアーティストたちが東京にまつわるエピソードを紹介した。詳しくはradikoでチェック!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月21日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO SOUND HOPPING』
放送日時:2019年10月14日(月・祝) 9時~17時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/20191014/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン