音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Czecho No Republic・タカハシマイが恥ずかしい黒歴史を発表「部屋に閉じこもって爆音で…」

Czecho No Republic・タカハシマイが恥ずかしい黒歴史を発表「部屋に閉じこもって爆音で…」

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。1月5日(土)のオンエアでは、Czecho No Republicのタカハシマイさんを迎え、モデルとしても活躍する彼女の意外な音楽遍歴を紐解きました。


■カラオケではSPEEDの『White Love』を熱唱

「小さい頃から歌がとにかく大好きだった」と話すタカハシさん。厳しい家庭で育つも、カラオケに行くと「歌がうまい」と言われていたので「歌いたい」という気持ちが強くあったと振り返ります。

クリス:カラオケではどんな曲を歌っていたの?
タカハシ:幼稚園や小学校の時はSPEEDが好きで『White Love』とかをよく歌っていました(笑)。
クリス:SPEEDのメンバーでは誰が好きでした?
タカハシ:メインボーカルの島袋寛子さんです。

他にも、父の影響で夏川りみさんの『涙そうそう』もよく歌っていたそうです。高校卒業後に埼玉から上京。原宿などに繰り出すとファッションスナップの声をかけられるようになり、そこからファッション誌のモデルとして活躍するようになりました。


■銀杏BOYZは私の気持ちを全部代弁

中学生の頃、軽音学部だった友達の姉の影響でロックが好きになったタカハシさんは、椎名林檎さんや銀杏BOYZ、ゆらゆら帝国などを聴いていました。

タカハシ:銀杏BOYZの『駆け抜けて性春』は、私の気持ちを全部代弁してくれているような。日々のイライラだとかストレス、怒りを表現してくれているようで、当時は部屋に閉じこもり爆音で聴きながら「ワー!」ってことをやっていました。
クリス:それはいつですか?
タカハシ:中学の頃もそうだし、高校もそうでしたね。
クリス:一見、そんなようには思えないけど。
タカハシ:中学生の時は眉毛を全部そったりして、他の人と違うことをやりたいと、ひねくれていました。けっこう恥ずかしい……黒歴史ですね(笑)。

高校では軽音学部に入り、バンドを結成。ボーカルを担当し、GO!GO!7188やチャットモンチー、ニルヴァーナの曲をカバーしていました。


■Czecho No Republicはこんなにも音楽で人を幸せにするんだ

高校卒業後は進学も就職もせず、バンドを組んで活動しましたがうまくいかず解散。その後、ソロ活動を始め事務所に所属するも、やりたくない音楽をやらされる日々。音楽が嫌いになり、ソロ活動を辞めてしまいます。

タカハシ:ソロでやっていた時からCzecho No Republic(以下「チェコ」)とはつながりがあって、コーラスとかで参加していました。私がソロ活動を辞めるタイミングが、チェコの当時のメンバーが脱退するタイミングと重なってチェコも悩んでいて。そんなチェコに「私ができることがあればやりたい」って言って、サポートメンバーとして加入しました。
クリス:その後、バンドメンバーとして正式加入するんですよね。
タカハシ:加入したら素晴らしい世界が広がっていました。チェコのライブは、お客さんがみんな笑顔で本当に幸せそうなんです。それは私が今まで感じてこなかった世界で衝撃的でした。「こんなにも音楽で人を幸せにするって、めちゃくちゃすごい」と思って、そういう意味ではとても救われた気がします。


■憧れのアーティストはセイント・ヴィンセント

そんなタカハシさんは、「今いちばん憧れるアーティスト」としてセイント・ヴィンセントを挙げます。

タカハシ:セイント・ヴィンセントがフジロックに出演したライブを最前列で観ました。めちゃくちゃカッコよかったですね。
クリス:キレイだしね。
タカハシ:セクシーでカッコよくて、男性に媚びてない感じがすごい好きです。昨年チェコのメンバーが脱退して、私がエレキギターを弾くようになりました。もともとアコースティックギターは弾いていたけど、エレキギターは弾いてこなくて。「セイント・ヴィンセントみたいになりたいな」と思いながらいつも練習しています。
クリス:セイント・ヴィンセントって歌う前はギターを弾いていましたからね。彼女はもともとバンドのギターを担当していたんですよ。
タカハシ:知らなかった!
クリス:だからギタリストとしての腕前も高いと思います。
タカハシ:なるほど、いろいろ納得しました。

タカハシさんの音楽遍歴や注目するアーティストなどをもとに、ディープな音楽談義を繰り広げるふたりでした。

タカハシさんは、2月からスタートする「J-WAVE30周年xゴジゲン10周年企画公演舞台『みみばしる』」で初舞台を踏みます。Czecho No Republicやモデルの活動とともに、ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜18時-18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン