音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
鈴鹿央士、七夕の願いにツッコまれるも羨ましそうに「行きたいなあ」

鈴鹿央士、七夕の願いにツッコまれるも羨ましそうに「行きたいなあ」

小中和哉監督が1986年に発表した長編映画を35年ぶりにセルフリメイクした映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)の七夕直前完成披露試写会が7月5日に都内で行われ、主演の鈴鹿央士、共演の秋田汐梨、佐藤友祐(lol-エルオーエル-)、有森也実、そして小中和哉監督が出席した。

suzuka2107057.jpg

ファンタジー映画初挑戦で映画単独初主演の鈴鹿は「パラレルワールドなので撮影時は頭がこんがらがりそうになったこともあったけれど、何度かリハを重ねて、キャラクターを自由に作っていきました。現場の雰囲気も素晴らしく、のびのびとやらせていただきました」と回想し「作品の中で男としても成長することができました」と手応え十分だった。

suzuka2107058.jpg

秋田はファンタジー作品だけに「日常では起こりえないことが起きたときに、どれくらいのリアクションをとるのか想像するのが大変でしたが、自分の気持ちを大切に演じました」と報告。1986年版でヒロイン・理沙を演じた有森は「当時は演技について手取り足取り監督に教えていただき、ストレートに感情表現をすることを学びました。監督が思い描く理沙になろうと努力していました」とオリジナル版当時の心境を打ち明けた。

suzuka2107054.jpg

佐藤は「台本をいただいたときに思ったのが、長セリフが多い!ということ。説明台詞が沢山あったので、誰よりも完璧に台本を読み込んで覚えました」と熱演報告。鈴鹿の印象については「央士君はその場で役に切り替わる人。普段は柔らかいのに、役に入った瞬間に『おい!』となってビックリした。それくらいスッと入る」と憑依型体質であると分析していた。

suzuka2107051.jpg

七夕にちなんで、それぞれが願い事を発表。小中監督と有森は「コロナ収束&『星空のむこうの国』大ヒット!!」などと本作のヒット祈願。佐藤は「打ち上げに行きたい!」とご時世ゆえに叶わなかったスタッフ・キャストとの慰労会開催を祈願。秋田は「友だちができますように」と願い、その理由について「大学がオンライン授業中心で、入学してから1日しか大学に行っていない。なので大学での友だちが全然できない」とタイムリーな悩み告白。

suzuka2107056.jpg

主演の鈴鹿は、佐藤から「映画の大ヒットだよね?」と願い事を聞かれるも、短冊に込めたのは「イギリスでサッカー観戦。コロナがはやく終息しますように」だった。佐藤から「おい! 主役!」とツッコまれつつも「イギリスではサッカー大会が行われていて、観客が熱狂する姿を見ると『サッカーを見に行きたいなあ』と思う」と羨ましそうだった。

suzuka2107052.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。