音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
吉沢 亮、ホテルで寝る前に…落合モトキが「この人も人間なんだ」と思ったエピソードを明かす

吉沢 亮、ホテルで寝る前に…落合モトキが「この人も人間なんだ」と思ったエピソードを明かす

吉沢亮が12月25日、都内で行われた主演映画『AWAKE』の初日舞台挨拶に若葉竜也、落合モトキ、馬場ふみか、そして山田篤宏監督と参加した。

映画『AWAKE』予告篇

【あらすじ】

大学生の英一は、かつて奨励会(日本将棋連盟の棋士養成機関)で棋士を目指していた。
同世代の圧倒的な強さと才能を誇る陸に敗れた英一は、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学したのだった。
幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始める。
そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。
独創的かつ強い。
まさに彼が理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は、早速人工知能研究会の扉をたたき、変わり者の先輩・磯野の手ほどきを受けることになる。 自分の手で生んだソフトを強くしたい―。
将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。
数年後、自ら生み出したプログラムを<AWAKE>と名付け、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。
返答に躊躇する英一だったが、相手が若手強豪棋士として活躍するかつてのライバル、陸と知り―。
(映画『AWAKE』公式サイトより)

映画『AWAKE』は、2015年に実際に行われた、棋士VSコンピューターの対局をベースにした青春物語。棋士になる夢を諦めた最強将棋ソフト開発者・英一役の吉沢は、「演じるにあたり外見の変化を意識。体重を増やしてみたり、将棋以外何もないような印象をつけたかった」と熱のこもった役作りを明かし「将棋映画ではあるけれど、人間の成長やライバルと交差する話。誰もが感動する普遍的な映画で、シンプルに泣けます」とアピールした。

英一の先輩で変わり者のプログラマー・達也役の落合は、初共演の吉沢のファンといい「綺麗な顔をされている。そしていい演技もされている」と吉沢にゾッコン。そんな落合は地方ロケでのエピソードとして「みんなでゴハンを食べて夜の10時過ぎくらいにホテルに帰ったら、(吉沢が)吸い込まれるようにインスタントラーメンの自販機をポチっとして『じゃあ!』みたいに部屋に戻った。そんな姿を見たときに、この人も人間なんだ、若いなと思った」と夜食に走る吉沢の姿を暴露。

201227_awake_4.jpg

すると当の吉沢は「役作りです」と照れたように口にして「ラーメンとビール2本を寝る30分前にあえて体に流し込んで寝る生活をしていた。次の日の体調の悪さはハンパなかったけれど……」と役にかけるストイックすぎる一面を告白した。

201227_awake_2.jpg

初日舞台挨拶は行われた日はクリスマス。もう少しで新年を迎える。2021年にチャレンジしたいことを訊かれた吉沢は「僕がどうこうできる話ではないけれど……」と前置きしつつ「来年は仕事のないクリスマスを過ごしたい。もちろん今日は今日で素晴らしいですが、仕事のないクリスマスも素晴らしい」と多忙ならではの嬉しい悲鳴を上げていた。

映画『AWAKE』は現在公開中。

201227_awake_6.jpg

(文・撮影=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。